September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【TOEIC】プラス50点を積み上げるためのセクション別考察


昨日はTOEICの試験でした。

この2,3ヶ月間勉強をしてきた中で気づいたノウハウを記しておきます。一意見としてご参考ください(TOEICのノウハウ記事はネットのあちこちにあるので重複もあると思いますがご容赦ください)。

なお、参考までに自分の状況は、2年前に795点。今回860点を目標にしています。



【各パート共通】

TOEICは「言い換え」がキモ

TOEICで大切なことの1つは「言い換え」を押さえること。

たとえば、

「当ホテルでは、無料の朝食(complimentary breakfast)を提供しています」

という問題文があったとします。この場合、選択肢ではたとえば"free food"などのように言い換えられていることがよくあります。(おそらく、同じ"complimentary"を使ってしまうとすぐ正解だとバレてしまうため)

他の例として、問題文に「... was delayed.(...が遅れた)」とあり、選択肢は「... was not on schedule.」などと言い換えられているなど。

したがって普段、単語を覚える際には同義語もあわせて覚えたり、英文を読んでいるときに「この単語を言い換えるとなにになるか?」と考えるクセをつけてみると対応力が上がるはずです。



【Part 1】

「進行形」に気をつける

Part 1はTOEICの中では取り組みやすいでパートですが、1点だけ「進行形」のワナについて説明しておきます。たとえばこの写真。



(1)A Camera is set up.(カメラが設置してある)
(2)A Camera is being set up.(カメラの設置作業中である)

画像ではすでにカメラが設置してあるので、この場合正解は前者です。「誰かによって設置作業中」であれば後者が正解となります。

他の例。下記の画像に対して"He is tightening his tie."は不正解となります。"-ing"ということは「ネクタイを締める動作中」ということになるからです。日本語に訳すと「ネクタイを締めている」となるだけに、ひっかけにしやすい問題です。





【Part 2】

会話が成立している選択肢を選ぶ

Part 2は「会話が成立している選択肢を選ぶ」セクションです。たとえば

(質問)「次の会議はいつ開催されますか」
(返事a)「来週火曜日です」
(返事b)「今調べます」

返事aは当然正解ですが、返事bも正解です。具体的な日時を答えてはいませんが、会話としては成立しているからです。こういうパターンが出題されることがよくあります。

文頭の疑問詞を押さえること(たとえば"When〜?"と聞こえたら「時間」を含む選択肢を選ぶこと)が基本方針なのですが、高得点を狙ううえではこの手の問題も漏らさず拾っていく必要があります。


同じ/似た単語の選択肢はハズレ

これもよく言われることですが、このパートでの鉄則は「問題文と同じ/似た単語が聞こえた選択肢はハズレの可能性が高い」ということです。

たとえば問題文で

"Did you write the summary?"(あなたが要約を書いたの?)

と聞いてきた場合、選択肢の1つが

"Yes, I went there this summer."(はい、この夏にそこに行きました)

などのようになっていることがよくあります。問題文をよく聞き取れなかった場合、選択肢に同じような言葉が入っているのでつい選んでしまいたくなりますが、多くの場合ワナです。同じ/似た単語が聞こえた際にはご注意ください。



【Part 3,4】

設問を先に読む

これも常套テクですね。理想を言えば「本文のナレーションが終わった段階で、対応する設問3問とも解答し終えている」状態。そして「ナレーションが設問を読み上げ始めた段階で、すでに次のブロックの設問&選択肢を読みに行っている」という状態です(900点overの方は、たぶんこれくらいの境地に達しているはず)。

かくいう自分もそこまでは達していませんが、設問&選択肢を先に読んでおいた方が明らかに聞き取りやすくなりますので、せめて設問だけは読めるようになっておくことをオススメします。


仮説思考で解く

音声がよく聞き取れなかったとしても、聞き取れた単語からストーリーを類推できることがあります。

たとえば、僕はある問題文がほとんど聞き取れませんでした。しかし、かろうじて「rain(雨)」という単語が聞き取れていました。そして次のような設問がありました。

(設問):パーティについて何が変更になりましたか
(選択肢):時刻/会場/人数/料理

そこで、僕は「雨が降るから屋外の会場を屋内にしたのではないか」と考えました(結果的にそれで正解でした)。

Part 3,4はイジワルなひっかけはあまりありません。なので大まかなストーリーがつかめればこのように正解できることがあります。(ただし、思考に使う時間はほとんどないので、あくまでも聞き取れるようになることが先決です)



【Part 5,6】

20分で終える

自分の場合、超長文のPart 7に対応するためには55分はかけたいと考えました。そうするとPart 5, 6を20分でクリアする必要があります。そうすると1問あたり約23秒で解くことになります(Part 7は読めば解ける問題も多いので、分からない文法問題に時間を浪費してしまうのはもったいないといえます)。

具体的には、文法のルールを知っていれば秒殺できるものもあるので、それで時間を稼ぎ、文全体から判断する必要のある問題には多めに時間をかける(30-40秒)という時間配分です。

そのため、特にPart5,6については文法の問題集を繰り返し解き、そこに載っている問題は秒殺できるようにしておく。そうやって、Part 7への時間を捻出することが望ましいと考えます。



【Part 7】

このパートは「長文に慣れる」しか道はないのですが…長文に慣れるうえではこちらのアプリを持っておくとよいと思います。英単語にカメラをかざすと、その意味を教えてくれるという素晴しい辞書です。



知らない単語が多い長文は読む気をなくしますが、これがあれば辞書引きに時間をあまり使うことなく、英字新聞や雑誌が読めると思います。

あとは下記に紹介した問題集(TOEICテスト990点全方位リーディング)が、文章ごとに想定読了時間が載っているのでトレーニングに向きだと思います。

以上、ご参考ください。

スポンサーサイト

comments

俺様も800点とらな次の段階にいけへんし。
がんばりまっさヽ( ´ー`)ノ

  • オサーン
  • 2012/09/26 10:44 AM

>オサーン
ってことは今は部長!?

  • pepache
  • 2012/09/27 9:21 PM
   

trackback

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2012/10/17 8:16 AM
pagetop