November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今度の研究会は「写真で一言」大会


最近おもしろいと思ったサイトで「bokete」というものがあります。

「写真で一言 ボケて」
http://bokete.jp/

これはいわゆる「写真で一言」という遊びで、お題になった写真に対して、おもしろいキャプションを考えてつけるというものです。


たとえばこの写真に一言添えるとしたらどのようなものが考えられるでしょうか。











解答例。



(「ボケて」殿堂入りボケ傑作選 より)
http://matome.naver.jp/odai/2133684833258945501


次回の研究会ではこれで遊んでみようと思っています。


…といっても、ただ遊ぶだけでなく、これを土台に「どうすればユニークな発想は生まれるのか」ということを考えていきます。それが真のねらいです(ウチの研究会はこういった「思考力」を磨くための研究会です)。


こういったクリエイティブシンキング(創造的思考)は、実は診断士が(比較的)苦手としている領域なのではないかと考えています。

理由は、診断士試験(およびコンサルタントの仕事)が「論理的思考力」を強く求められるものであるため、相対的に創造的思考力の習得が弱くなっているのではないかと考えるためです。

また、合格までに地道な努力の積み上げを求められる(=飛躍的な発想や大胆な発想は強くは求められない)という、資格試験の特質にもよるのかも知れません。

一方で、クリエイティブな思考力は、斬新な問題解決のアイディアを生み出したり、執筆やセミナーの企画を考えたりする際には強く求められます。

そこで、この試みを通して、発想力を高めるための方法を模索してみたいと思ったわけです。


研究会のメンバーにはあらかじめお題を出してあります。一部を紹介しますので、みなさんもチャレンジしてみてください( ̄∀ ̄)

これに一言添えるとしたら?










スポンサーサイト

pagetop