July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

これから診断士の研究会に入る人が知っておくべき2つの事実


NANAさん、そしてkuro兄が研究会ネタの記事を書かれていたので、僕も乗っかります。
(今回は久々に上から目線で( ̄ー ̄))


研究会だからといって侮る事なかれ(NANAさん)
http://blogs.yahoo.co.jp/nana_consulting/61301184.html

信頼や礼節ってすごい大切ですよね(kuro兄)
http://blue.ap.teacup.com/motokuni/3209.html



僕はある研究会のリーダーを約3年やっています。正確には某巨大研究会の中に複数あるサブチームの1つですが、登録人数も40人前後いますし、チームの企画・運営は全面的に任されているので、実質的には1つの研究会と見なしてよいかと思います。

そこでリーダーとして感じていること、そして、これから診断士として研究会に入られていく方々に知っておいていただきたいことを2点、挙げてみます。


1. メンバーにとっては「1対1」の関係でも、リーダーにとっては「1対多」である。

リーダーからメンバー全員に、(たとえばメーリングリストなどで)何らかの問合せや依頼が行く。メンバーはリーダーに連絡を返す。研究会ではよくある光景です。ただし、メンバーとリーダーとでは見えている景色がまったく異なっています。

メンバーから見ればリーダーとは1対1のやりとりになります。しかし、リーダーはメンバー全員とコミュニケーションをとっています。

たとえば「今度の研究会は全員5分ずつプレゼンをしていただきます。前日までにプレゼン資料をリーダーに送付してください」と依頼したとします。この場合、各メンバーはリーダーにメールで資料を送るだけですが、リーダーはメンバー全員、50人なら50通のメールを受け取ることになります。

まあ、実際には全員がレスを返すことはないですが(これはこれで問題ですが)、一時に多くの連絡が来るわけですから、イヤでもその内容は比べてしまいます。たとえ比べる気がなかったとしても、無意識にいろんなことを感じてしまいます。

たとえば「この人はいつもギリギリだなぁ」とか「この人の文面は気配りに満ちてるなぁ」とか。「この人の文面は社会人として微妙だなぁ」とか「この人はただ依頼に応えるだけでなくて、プラスαの提案をしようとしてくれてるなぁ」とか。

それが評価のすべてというわけではありませんが、仕事や重要な役割をお願いする際に誰を選ぶかの参考になっていることは間違いないでしょう。


2. リーダー同士は、つながっている

研究会のリーダーをやる人たちは、会の運営方法など共通した悩みを持っています。だから情報交換・意見交換する機会が多く、それだけ結びつきも強固です。

(余談ですが、僕はリーダーをやるようになって「つきあう人」のステージが大きく変わったと思います。それまでは「雲の上の人」とか「大物診断士」と思われていたような方々と接する機会が増えました。人的ネットワークの拡大のうえでは「研究会のリーダーになる」というのは1つの方法になると思います。もちろんそれなりに負荷もありますが…)

そんなリーダーのネットワークを、前項で述げたような「評価情報」が流通する、ということです。つまり「皆さんの診断士としての評価は、リーダーの情報網を通じて口コミされていく」ということです。

「よい口コミよりも悪い口コミの方が多く拡がる」と言いますが、NANAちゃんの記事にあったようなトラブルがあればそれこそあっという間に伝わっていきます。NANAちゃんも書いていますが、仕事で問題のある人を紹介したらこちらの責任が問われますから、そういう「残念な人」の情報を知っておきたいというのはリーダーとして当然の防衛本能なわけです。


【まとめ】
独立を考えているなどの理由により、他の診断士と良好な関係を築いていきたいと考えるのであれば、下記2点をお含み置きいただきたいと思います。

1. メンバーにとっては1対1の関係でも、リーダーにとっては1対多である。
 ⇒「比べられている」という自覚を持ってコミュニケーションするべし

2. リーダー同士は、つながっている
 ⇒悪事千里を走る。特にマイナスの口コミはすぐに伝播すると考えるべし


合格された方はこれから様々な研究会を見ていくことになります。いずれの会においても、多かれ少なかれ上記の2点は共通しているはずです。

まあ、これ↑を言ってしまうと、今後メンバーが必要以上に気を遣ってしまう可能性があるのであまり言いたくはなかったのですが…とはいえ、それ以上に診断士全体の評価が下がるようなことがあってほしくはないので敢えて書かせていただきました。





スポンサーサイト

comments

もっと毒を吐くかと思いますた(笑)

  • kurogenkoku
  • 2011/12/26 10:06 PM

意外とまろやかですね(笑)
あたしものっかるか。

kuroさんとティアラちゃんに同じく(笑)次はティアラちゃんのポイズンに期待かなww

でも、実際に書きすぎると周りが遠慮しすぎてしまう懸念もわかります。もっとも、コミュニケーションが取れて、チーム構成員としてやるべき事をすればいいだけなのですけれどね・・。

悪い口コミの伝播力の強さも、診断士なら受験生時代から事例演習などで何らかの勉強をしているはずなのに、勉強したことが活かされていない方を見ると残念な気持ちになりますね。

なんだよぉみんなして(笑)
これでも相当手厳しくしたつもりなんだけど…

というわけで女王に期待w

  • pepache
  • 2011/12/29 1:23 AM
   

trackback

pagetop