July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2次試験】「かみ合わない」を見つけよう(後編)


前回は、図示すると以下のような内容でした。


 屬修貅体でおかしい」と感じられる問題

 ⇒情報を1つ1つ見ていけば見つかる(下図では5パターン)

 →
 □□□□□


◆崛箸濆腓錣擦襪箸かしい」と感じられる問題

 ⇒組み合わせのパターンが多くなり発見しにくい
 (下図では5×5−5=20パターン)

 →
↓■□□□□
 □■□□□
 □□■□□
 □□□■□
 □□□□■


それでは、「組み合わせるとおかしい」を発見する能力は、どうすれば磨くことができるのでしょうか。

…これについては今のところテクニック的なものは見いだせていません。そういったテクニックがあるのであればこちらが教えてほしいくらいです(笑)。自分自身、発見できるときはできるし、できないときはできないというのが正直なところです。また、状況によって難易度も変わってくると思います。

ただ、少なくとも「組み合わせるとおかしい点」を発見しようと意識をしながら今後の事例問題を解いていくべきだと考えます。

しかし、おそらくこれから10月までに解く事例の数だけでは、そういった問題発見力の定着は難しいかも知れません。そこで、以前から主張していることですが「日常の中で事例対応力を磨く」ことを提案したいと思います。


考えてみれば「組み合わせるとおかしい」ことは、仕事の中ではあちこちに転がっています。

僕の仕事の中であったケース。「A社が取り組んでいる事業の市場規模は毎年10%伸びている」という情報。「A社が取り組んでいる事業の売上げは毎年5%伸びている」という情報。それぞれ単独で見ればGood Newsです。

しかし、2つを組み合わせるとBad Newsになるのがお分かりでしょうか。「市場規模の伸びに売上げの伸びが追いついていない」ということは、「A社のシェアが年々落ちている」と言い換えられます。


こういった「組み合わせるとおかしい」が、日常の仕事の中には数多く転がっています。私がいたコンサル会社でも、優秀な上司ほどそういった不整合を多く発見していました。私の作った資料もビシバシダメ出しされました。「なぜ、それに気づくんだ…」と毎回感嘆したものです。

そういうふうに仕事の中で「組み合わせるとおかしい」を発見することにチャレンジするわけです。仕事の内容にもよりますが、事例演習を解く数以上にトレーニング機会が得られるはずです。また、仕事の品質も上がって一石二鳥です。

「組み合わせるとおかしい」をいかに発見できるかが、仕事の成否を左右し、そして、試験の成否も左右すると考えます。ぜひ、仕事と試験勉強を分離することなく、「不整合発見力」の向上を図ってみてください。


※参考:かみ合っていない例 その2



その3


スポンサーサイト

comments

この「かみ合わないもの特集」好きだなぁ・・・。

>kuro兄
実はネタ画像集めが趣味だったりします…
コレクションをこんなかたちで使うとは思ってもいませんでしたが(笑)

  • pepache
  • 2011/05/18 9:41 AM

かみ合わないものを見つけるのがレビューなんですね。 これで、給料分はたらけます、、。ありがとうございます。

  • ichiro
  • 2011/05/24 4:55 PM
   

trackback

pagetop