April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

パワーポイントのスキルを上げるための「パワポ写経」のススメ


パワポスキル(=ナイスなパワポを作るスキル。「プレゼンスキル」というと話し方のスキルの方などに思われそうなので、ここでは「パワポスキル」という言い方をします)を磨くための方法があります。

それは「ナイスなパワポを写経すること」(同じパワポをゼロから作成してみること)です。地味に効きます。

僕はコンサル会社にいたので、パワポスキルについては上司にシゴかれながら身につけてきました。今のスキルには満足しているわけではありませんが、診断士仲間から「パワポ作り上手いね」と言っていただけることがたびたびあり、若いうちにそうやって鍛えてくれた上司がいたことは幸運だったと思っています。

しかし、もしそうやって教えてくれる人がいないという場合には「写経」をするのがよいかも知れません。診断士試験の勉強で読解力や論述力を鍛えるために「問題文の写経」をする方がいらっしゃいますが、それと同じことです。丸写しをしていくなかで、さまざまな気づきが得られます。


【サンプルをどこで見つけるか】

自分の先輩や上司が作ったファイルをお見せできればいいのですが、さすがにそれは無理なので(汗)…個人的には、上場企業のIR資料に、きれいに作られているものが多いなと感じます(自分の会社にお金を出してくれている人に見せるわけだから当然と言えば当然ですが)。

"決算説明会 filetype:pdf"でググると、決算報告用のPDF資料がいろいろと出てきます。

例:
NTTドコモのIR資料

餃子の王将のIR資料




これらの資料もパーフェクトな出来映えというわけではないですが、ところどころ参考になる点はあると思います(←上から目線)。上手い見せ方をしてるなとか、分かりやすいなと思ったページについては、自分で真似して作ってみてください。「ふ〜ん、なるほど〜」と眺めているだけでは、なかなか上達にはつながりません( ̄∀ ̄)。


ナイスなパワポをゼロから作ろうと思っても、そもそも「よいパワポとは何か」のイメージを持っていなければ、どこから手を着ければよいか分からないと思います。ですが、パワポ写経はアタマを使わずにできます(写経する過程でパワポの機能を調べたりとか、そういう意味ではやや使いますが)。

ただ目の前にあるサンプルと同じものを作るというだけです。やる気さえあれば、誰にもできるトレーニング方法です。

与件文の写経トレーニングと同じで「やるか、やらないか」だけです。パワポ上達したい!という方はぜひ1度トライしてみてください。

スポンサーサイト

comments

はい。先生、がんばります。

その前に内容だろって怒られそうですが...

パワポ大事よね。禁煙パイポも大事かもしれんが....

一瞬、やるか、やられるか と読んでしまった。

その発想はなかった・・・

ここで紹介されているサイトもよいかもしれません。

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0801/15/news068.html

>トシキさん
コメントにいろいろ盛り込み杉です(笑)。
トシキさんは内容おもしろいものできそうですけどね。
板書も慣れてるでしょうから図解も得意そうですし〜。

>46さん
実は、そのサイトのことも採り上げようと思って
いたのですが名前が思い出せなくて諦めてました。
そうそう、スライドシェアですよ。
ハンズアウトはしらなかったなあ。しかもアクセス順とか
ソートできるから優れたパワポが探せそうですね。
http://handsout.jp/slides/top/goodjob

  • pepache
  • 2010/02/20 12:37 AM
   

trackback

pagetop