October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ビジネスモデルってなんなのか、よくわかっていない。


【「ビジネスモデル」とは?】

恥ずかしいことですが、よくよく考えてみると「ビジネスモデル」という言葉の意味が、実はまだよくわかっていないなあと思いました。「儲ける仕組み」とか言われるけれど、具体的にどういった条件が必要なのか、実際のところよくわかっていないのです。

wikipedia
ビジネスモデルは、利益を生み出す製品・サービス事業の戦略、収益構造を示す用語。(後略)

IT用語辞典

ビジネスモデルとは、ビジネスの仕組み。事業として何を行ない、どこで収益を上げるのかという「儲けを生み出す具体的な仕組み」のこと。特に、コンピュータやインターネットなどの情報システムを活用した新しいビジネス手法のことを指す場合もある。これを特許にしたものが「ビジネスモデル特許」である。(後略)

wikipediaでは根来龍之氏や国領二郎氏の議論が少し紹介されており、まあ、このへんを抑えておけばいいかなと思うのですが、もっと端的に自分で理解できないものかなと思うのであります。


【「ビジネスモデル」で連想する企業】

そこで、まずは「ビジネスモデル」と聞いたときによく採り上げられる企業や連想される企業を、思うままに挙げてみようと思います。ここから、共通のポイントが見いだせればと思うのです。

・デル
 ⇒サプライチェーンを構築し、短納期・低価格でPCを提供する仕組みを作りあげました。この意味では、ユニクロなどのSPAもビジネスモデルの一例。

・リクルート
 ⇒an、ゼクシィ、R25など、購入者にとっては安価な一方、情報を載せる法人から収益を得ているというモデル。

・ミスミ
 ⇒ユーザーに部品を売るのではなく、顧客の代理として最適な部品を購入する「購買代理商社」。

・プライスライン・ドットコム
 ⇒購入者が値段を提示して、それに売り手が入札するという「逆オークション」というビジネスモデル特許(日本未上陸)。

・プリンタとトナー
 ⇒「キャプティブ価格」という言葉がありますが、プリンタを安くしてトナーで儲けるというアレ。

・100円PC?
 ⇒これもキャプティブ価格と言えるかも知れませんが…PC本体が安い代わりにイーモバイルを2年間継続などの「縛り」があります。

・Google
 ⇒検索などのサービスは無料。広告で収益を獲得。

・富山の置き薬?
 ⇒置くだけなら無料、使った分だけ請求。オフィスグリコもこれに似てる。


【「ビジネスモデル」の共通項】

上記の企業やビジネスモデルのうち、複数のケースから導き出されそうなキーワードを指摘してみます。

・全体最適
 ⇒デルやミスミなどのように、最適なタイミングで顧客に納品するための(供給業者などの)「プレーヤー」が緻密に配置されています。

・ITの活用
 ⇒また、全体最適を実現するために、必然的にITの力が必要となります。また、プライスラインのようにネットが普及したからこそ登場してきたビジネスモデルもあります。

・一見、単体では儲からない(裏に仕組みがある)
 ⇒プリンタや100円PC、R25のように「一見、これ赤字じゃね?」と消費者が思ってしまう。もちろん実際には、その裏に「儲ける仕組み」があるわけなのですが。(そういう意味では「普通の商品を普通の価格で売る」のは「ビジネスモデル」とは呼べないのかも知れません)

・頭のよさを感じる
 ⇒「なるほど、そうやって儲けているのか」「それはナイスアイディアだ」と思わず唸ってしまうような要素が、ビジネスモデルにはあるのだと思います。商品やサービス自体ではなくて、あくまで「儲け方」に、頭のよさを感じさせる必要があると思います。実際、上記の例を見てもらっても、ほとんどの商品がそれほど斬新なものではないことがお分かりいただけると思います。

・継続的に大きな収益
 ⇒上記で挙げたほとんどの企業は大きな収益を上げています。賢いビジネスモデルを立ち上げることができたら、それは継続的かつ大きな収益を約束するものと言えます(だからこそビジネスモデル構築は難しいのですが)。

・真似しづらい
 ⇒これは必須要件ではないかも知れませんが…せっかくビジネスモデルが成功しても、模倣が容易であればすぐ後続企業に追いつかれてしまいます。プライスラインのように特許を取ることができれば理想ですが、そうでない場合はなんらかの参入障壁を作っておくことが望ましそうです。


【まとめ】

というわけで、自分が「ビジネスモデル」というときには「全体最適、IT、一見儲からない(裏に仕組みがある)、頭のよさを感じさせる、継続的に大きな収益、模倣困難性」といったあたりのキーワードを意識しているのだなぁと、整理していて気づくことができました。

診断士試験の話になりますが、平成18年度の組織事例では「ビジネスモデル」という言葉が出てきており、実は本番で上記のような複雑なことを考えてしまったため「そんなの80分で考えつくかよ」と絶望した覚えがあります。実際、答案にはそのようなアイディアは書けませんたし、今にして思えば出題者もそこまで期待してはいなかったのだと思いますが。

とはいえ、実際のビジネスでは、できることなら上記の要件に当てはまるような「ビジネスモデル」を構築できたほうが好ましいことは間違いありません。自分も「賢いビジネスモデル」を構築できるコンサルタントでありたいと思います。


とりあえず今度の研究会では、このあたりについて議論してみたいなぁ…( ̄ー ̄)

スポンサーサイト

comments

おもしろいッ!!
上記のような企業含め、多様なビジネスモデルについてのディスカッションとか、すごい盛り上がりそう♪他にはどんなキーワードが出てくるのでしょうか??昔とは違った意味で、「スケールメリット」というキーワードも挙げたいところですね。
勉強になりました。

  • tiara
  • 2010/01/14 11:42 PM

ビジネスモデル特許に相当する英語は、"business method patent"といいます。
すなわち、新しいビジネス方法に関する特許であって、ビジネスのモデル(構造)を指すものではありません。
日本語で考えるよりも、「新しいビジネス方法」として考えると、少しは「しっくり」するかもしれません。

ペパちゃん、こんにちは。

いま、TBさせて頂きました☆不都合がありましたら、おっしゃってくださいm(__)m今日の記事も鋭いですね!

こんにちは、相変わらず鋭いですね。こういうの記事、大好きです。
自分でも共通項を考えてみました。
多様なニーズに対する『柔軟な対応性』もありですかね〜?

  • よっしー
  • 2010/01/15 12:46 PM

>tiara嬢
今回はあまりERくない話ですね。先生が本気だせばこんなもんです( ̄∀ ̄)

スケールメリットはありえますね。本文では挙げませんでしたが、
マイクロソフトも事例になりそう。「ネットワークの経済性」
「スイッチングコスト」「デファクトスタンダード」あたりが
キーワードで。

>かつ〜んさん
自分もこれを書くまで、ビジネスモデルとビジネスモデル特許
の区別が曖昧でした。たしかに「モデル」という言葉には
囚われないほうがよさそうですね〜。

  • pepache
  • 2010/01/15 7:00 PM

>NANAさん
トラバありがとうございます。今回は自分では中途半端な
内容だと思っていましたが、twitterなどでも反応がよかったです。
やはり「ビジネスモデル」のことちゃんと知りたいという
ニーズって、あるんでしょうかね♪

>よっしーさん
「柔軟性」もありだと思います。多様化する顧客の要望に
なんらかの「知恵」を駆使して対応できるようにできたら、
それはそれでビジネスモデルですよね。

今回の議論はT3で2月にやろうと思ったのですが、
ウシ子からは「自分の企画と合わせて1回でやるには
テーマが深い」とのことでしたので3月にでも議論してみよう
かなと思います。皆さん、アイディア考えておいてくださいね〜( ̄ー ̄)

  • pepache
  • 2010/01/15 7:04 PM

「よくわかっていない」と正直に言えちゃうのがかっこいいですね。
「business structure」でもなく、「business construction」でもなく、「business system」でもなく、「business model」なのに、日本語にすると「儲ける仕組み」とか「収益構造」とかになっちゃうのが不思議です。あえて言うなら「儲けの型」でしょうか。空手の型、みたいな。
あと、別に新しい概念では無いんだと思います。ぺぱさんも挙げている「富山の薬売り」とか「クロネコヤマト」とかは、「ビジネスモデル」なんて言葉が輸入される前からありましたし。

  • Ljas
  • 2010/01/29 8:59 PM

「心のビジネスモデル」なんて言葉もありますよね。

  • 高知のコーチ
  • 2010/02/21 11:10 PM

「ビジネスモデル」の定義から、聴いてみたいですよね。
そんな人には。

  • ポエマーコーチ
  • 2010/02/25 6:51 PM
   

trackback

「事例」の使い方

 <font size=4>こんにちは、NANAです。  まずは、この記事を読んでみて下さい。 http://redwing-don.jugem.jp/?eid=805  この記事は、中小企業診断士のペパチェさん(最近、ブランドの方向性を大きく変え(?)、「ER先生」と呼ばれることが多い

  • NANAの元気が出る日記
  • 2010/01/15 9:45 AM
pagetop