November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「診断士って、こんなこともできるんだ」ということをやりたい


先日土曜日、無事に502教室キックオフが終了いたしました。北は北海道から南は鹿児島まで、多くの方にいらしていただき大変盛況な会となりました。

オフ会でお会いした皆様、今後ともよろしくお願いいたします。また、受験生の皆様が来年の会で金メダルをかけてもらえることを願ってやみません。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 


さて、実はオフ会の2次会の後、僕はある方(以下R氏)に急遽呼び出され、新宿で2人で飲んでいました。

R氏はこの3月で養成課程を修了予定で、それから独立診断士として活動していく予定です。とてもキレ者です。僕の研究会に興味があると言ってくれていますが、入ってきたら彼に会を乗っ取られるんじゃないかと危惧しているくらい(笑)です。

まあそれはさておき、お酒を飲みながら、診断士となった後のビジネスについて、少し話をしました。

どれくらいの割合で存在するのかわかりませんが、一定数の診断士は、この資格の現状に危機感を抱いているように思います。Rさんもそんな1人でした。


「ヤバいだろ、このままじゃ」


僕も以前、「資格を守る人になろう」という記事を書きました。「資格」の本質は「安定」であり、資格が個人を守ってくれるからこそ、人は資格を取ろうとするわけです。しかし、一方的にそれにぶら下がっているだけでは、その資格自体が崩壊してしまいます。

加えて、本来であれば我々の「核」になって資格を守っていかなければいけないはずの(自主規制)が(自主規制)な状況では、各個人が具体的に手を打っていくしかありません。

オフ会の冒頭で、netplusさんが「選択肢」について言及されていましたが、取りうる選択肢の多さは、時に人を惑わせます。店に買い物に行ったものの選択肢が多すぎて、逆に何を買うか決められずに帰ってきた、という経験は誰しもあると思います。それに似て、合格者や診断士が取りうる選択肢は自由すぎて、逆にどうしたらよいかわからなくなります。

しかし、多数の受験生の中から選ばれた診断士として、迷いつつも具体的な自分なりの打ち手を決めて繰り出していくことは責務であると思うのです。


まあ、かくいう自分も、研究会を立ち上げてその可能性を模索してみたりはしているものの、まだまだ周囲に対して具体的なアイディアを問えているというわけではありません。

ただ、そのR氏と話していて「診断士って、こんなこともできるんだ」と周囲が思ってくれるようなことをやりたいという思いを新たにしたことは確かです。R氏の修論が終り次第、一緒に(というかもっと仲間は増えると思いますが)やれることを考えていくつもりです。

他の多くの先輩診断士が既定路線として行っている仕事はそのまま大切にしつつも、「そういう仕事ができるのか!」と周囲に感じてもらえるような取組みを行っていくことが、診断士としての仕事の幅を拡げ、また受験生およびその予備軍を惹きつけることができるのだと信じます。


仕事をするならスキルや経験も必要ですが、やはり志を同じくする人とご一緒したいなと思います。そういった「志」をお持ちの方は、今後なにかの折に声をかけていただければ幸いです。



参考記事:「資格を守る人になろう」
http://redwing-don.jugem.jp/?eid=657




スポンサーサイト

comments

ペパチェさま。

502キックオフ会で「ラーメンほん田」の話をさせていただいたアックルです。

先日はありがとうござました。

少ししかお話できませんでしたが、ペパチェさんに会えてうれしかったです。

「受験生最後の日」は何度読んだか分かりません。勉強法等大変参考にさせていただきました。

今後ともよろしくお願いします。



>仕事をするならスキルや経験も必要ですが、やはり志を同じく・・・

めちゃくちゃ限定された業界でのスキルや経験しか
持ち合わせておりませんが、志は同じだと思って
います。ともに頑張りましょう!!

  • ねばねば
  • 2010/01/12 10:03 PM

モザイクが なんかERさを演出

さすがです。
横に噴出しでセリフを付けたくなる。

  • ロンドン3
  • 2010/01/13 10:01 AM

 はじめまして。「企業診断ニュース」の2010年1月号に、「中小企業診断士の公益活動」という記事を書きました。
 http://www.doyukan.co.jp/store/item_2010010.html

 中小企業診断士の知名度向上に、「プロボノ」はその有力手段のひとつと考えています。
 下記関連記事にもありますが、本物のプロフェッショナルだからこそ、無報酬の公益活動においても高い価値が提供できるのです。
 http://diamond.jp/series/social_consumer/10011/
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20091102/208673/
 http://svgt.jp/probono/

>アックルさん
先日はお疲れさまでした!
また「受験生最後の日」のご愛読ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いいたします。

ラーメンは最近のオススメは「三ツ矢堂」@中目黒、馬場ですね。
http://idc-inc.jp/

あとは11月にあった「つけ麺博」で出店されていた、
奈良の「無心」はドギモを抜かれました。
これを食べるためだけに奈良に行ってもいいと思っています(笑)。

>ねばねばさん
ありがとうございます。狭い領域でも「コレ」と言えるモノが
あることが診断士の世界では大切かと思います。
ぜひ何かコラボできたらいいですね♪

P.S.僕も滝クリ大好きです(笑)

  • pepache
  • 2010/01/14 1:24 PM

>eLondon3
あまり大きな声じゃ言えないけれど、今回の巫女のアイディアって
僕が出したような気がする…。
「正月⇒初詣⇒絵馬⇒お祈り⇒巫女」というER連想ができたのは
僕くらいだったんじゃないかな…。なんの自慢にもなりませんが。

  • pepache
  • 2010/01/14 1:31 PM

>Narikawaさん
情報ありがとうございます。
「プロボノ」は聞いたことがありませんでした。
今後の参考にさせていただきます。

私も、プロフェッショナルは基本的に無報酬では仕事を引き受けませんが
(プロボノのようなものを除き)、
やるのならまったく手を抜かないものだと思います。
無報酬だからと手を抜くのはアマチュアの域を脱していないと思います。

  • pepache
  • 2010/01/14 1:45 PM

> 私も、プロフェッショナルは基本的に無報酬では仕事を引き受けませんが
> (プロボノのようなものを除き)、
> やるのならまったく手を抜かないものだと思います。

 はい。なんというか現状では、公的機関の安い仕事に追われて、公的機関の仕事自体が奉仕活動のようになってしまっている先生方も少なくないのではないかと...

 なお、企業診断ニュースの記事とほぼ同じ内容のものを自サイトにてご紹介しております。
 「中小企業診断士の公益活動」
 http://www.jienology.com/probono.html

   

trackback

pagetop