July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Google重役の講演をがんばって訳してみた その1"Ideas come from everywhere."


先日から書いているように、最近は英語の勉強に取り組んでいるわけなのですが、先日たまたまスタンフォード大学での講演をまとめたサイトを見つけました(こちら)。


その中に、Google社のMarissa Mayer氏による「Googleで学んだ、創造力を高めるための9つのレッスン」という講演がありました。各項目の訳を載せているサイトはあったのですが(こちら)、講演全体を訳しているサイトは見あたらなかったので、英語の勉強がてら、ちょうど9回に分けて訳してみようと思いました。

なお、音声だけ聞いて訳せればカッコよかったのですが、さすがに僕にはハードルが高すぎるのでw、動画についていたtranscript(書き起こし)を読んで訳しています。上記スタンフォードのサイトの動画のちょっと下にある「Transcript」から、全文を読むことができます。





では、まず1回目。

【Ideas come from everywhere】
(アイディアはどこからでもやってくる)

「グーグルマップス(Google Maps)やグーグルツールバー(Google Toolbar)のようなアイディアはどうやって得ているのか」と多くの方が質問してきます。Googleでは、会社が小さかった頃から、大きく成長した今でも、社員全員にアイディアを出すことを期待しています。アイディアはエンジニアから出てきたり、トップダウンであったり、ユーザーから出てくることもあります。Googleがこれまでにリリースしてきた多くのサービスを振り返ると、これらのさまざまな例を見つけることができます。


グーグルマップのアイディアは、ある企業の買収をきっかけに生まれました(ペパ注:調べたところKeyholeという企業です)。私たちはオーストラリアで地図の素晴らしいインターフェース(≒操作画面)を作れるエンジニアを見つけることができました。そこで、彼らとGoogle社内のJavaScriptの専門家とを組ませたのです。そして、地図の操作方法についてのアイディアを、JavaScriptを使ってWeb上に配置することで、優れたアプリケーションを作るように指示したのです。


アイディアはあらゆる種類のインスピレーションからやってきます。また、戦略的な視点からトップダウンで生まれることもあります。たとえばグーグルデスクトップなどは、「ユーザーと深く、より価値のある関係を築いていく必要がある。どんな機能を提供すれば、ユーザーが自分のPCにインストールしてくれて、常に容易にGoogleにアクセスしてくれるだろうか」という戦略的な発想から生まれました。


このようにアイディアは戦略的観点から生まれたり、買収から生まれたり、そして、ある時には「問題の解決」がきっかけになって生まれることもあります。

グーグルニュース(Google News)はそのよい例です。エンジニアのクリシュナはニュース中毒で、9/11以降、毎日毎日多くののニュースを読みふけっていました。彼は自分が好きな15のニュースサイトを訪れ、あるときは炭疽菌について同じようなニュースを探し、あるときは多様な観点から事件を見つめるために様々な記事を探し、膨大な量の情報を入手していました。

それから1ヶ月ほどして、彼は「ばかばかしくなってきた」と考えました。なぜなら、自分がまるですべての情報を集めてくる検索エンジンのようだと気づいたからです。そして、人工知能のエキスパートである彼は「コンピューターに集めさせよう」と考えました。

そして彼は、その15のニュースサイトを巡回し、ニュースを収集してまとめてくれる小さなプログラムを作りました。最初は自分自身のために作ったのですが、やがてそれが非常に有用であることに気がつくと、それを社内メールで配布して使用を薦めました。

社員の多くがそれを見て、これは内部で使うだけのものにしておくべきではない、クリシュナだけではなく、もっと多くの人々がニュースを読むうえで有用になると判断しました。そして、画面の改良を重ねたうえで、一般のユーザーが利用できるようにしました。


このように、アイディアはあらゆるところからやってくるのです。そして、強く求められるのは、他の人々がそれらのアイディアを支援したくなるような仕組み作り、素晴らしいアイディアが(試作品やデモンストレーションによって顧客ニーズを満たすことを証明し)ダーウィンの進化論のように発展していく仕組み作りにあるのです。




【ペパコメント】
"Ideas come from everywhere"というと、最近思い出すのはTwitterですね。多くの方とゆるくつながることができるので、アイディアの大きな源泉になる可能性を秘めていると思います。実際に「〜〜が思いつかなくて困ってる」とつぶやくと、何人もの方がアイディアをコメントしてくれる、そんなことが頻繁に起きています。

学校の試験と違って、ビジネスの世界では「答えは自分だけで出さなければならない」なんて決まりはないわけですね。それどころか逆に、他者の知恵をコーディネートすることで1人ではできないことを実現していくようでなければ、大きな飛躍は望めないのだと思います。


(訳は8割くらいは合っていると思いますが、自信のない部分もありますので完全には信じ込まないでくださいm(_ _)m。もし誤訳にお気づきの方がいましたら教えていただければ幸いです。下記に英語の原文を掲載しておきます)

なかなかしんどかったので、次回はいつになることやら…。
A lot of people will say, "Well, how do you get the idea for Google Maps or the Google Toolbar? Where did it come from? And the answer is, in an environment like Google, ever since the company was small, even till now when it's really large, we expect everyone to have ideas.

You know, our engineers come up with ideas, some things come top-down, and ideas come from our users.

And it's interesting, because when you look at the myriad of different products Google has released, we actually have examples of almost all of the above.

Google Maps, you know, the idea for that actually came from an acquisition. We found these engineers in Australia who were just amazingly good at building mapping interfaces and combined them with a bunch of Java Script experts at Google and said, "Okay, let's take their ideas on how you navigate maps, place them on the Web using Java Script, and ultimately build this really great application."

So, you know, ideas really do come from all kinds of different inspirations. There's other things that we do that are very strategic and top-down. When we looked at say something like Google Desktop, we thought, "Now, for a lot of strategic reasons we need to have a deeper, more meaningful relationship with our users. What functionality could we provide them that they'll want to have on their computer and that will allow them to access Google really easily all the time?"

So sometimes it comes from an overall strategy or a strategic concern, sometimes it comes from, you know, what acquisition that we're doing, and sometimes it just comes from someone wanting to solve a problem that they feel we could solve better.

Google News is a great example of that. There was an engineer named Krishna Abarat, and he was a news junkie, and after September 11 he found himself really consumed with reading news, and he found he had the same pattern every day. He would go and visit his favorite 15 news sites, and he would try and find, you know, the same story about anthrax all throughout, you know, the different stories to get all the different perspectives and get the maximum amount of information.

And then after he did this for about a month, he thought, "Well, this is kind of silly," because, you know, he's like, "I work at a search engine. I actually could probably crawl all this data, and I could also" you know, he's actually an expert in artificial intelligence, and he thought, "You know, I could cluster things."


So he built this little script that crawled his favorite 15 news sites, gathered up all the news, and then clustered it, so it would actually group the stories to read together. And he built this little tool for himself to read news more efficiently, used it for a while, thought it was pretty useful, mailed it out to the company and said, "Hey, like, I use this to read my news. Maybe some of you would find it useful."


And, you know, a bunch of us saw that, and we decided, you know, this isn't just an internal tool to help Krishna read news better; this is something that could help a lot of people read news better, and we should, you know, take it up to the next level so it's not just a plain white page with lost of blue links, but actually looks more like a news experience, and make it available to our users.

So there's a myriad of different places that ideas come from, and what you really want to do is set up a system where people can feel like they can contribute to those ideas and that the best ideas rise to the top in sort of a Darwinistic way by proof of concept of the powerful prototype, by demonstrating that's it's going to fill a really important user need, and so on and so forth.

スポンサーサイト

pagetop