July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MBAのケースメソッドを体験してみよう


今月の研究会(Think! Think! Think!)では「MBAのケースメソッドを体験してみよう」と銘打ち、ケースメソッドを使ったディスカッションをやってみた。


与えられたケース(事例企業の情報)を事前に個人で分析・考察をしてきて、問題点や解決策について当日に全員でディスカッションする。

2次試験の事例問題ではテーマや正解がある程度用意されているのに対し、こちらは唯一の正解がない。だからテーマや解決策がいろいろと出てくる。その議論を通じて、視点や引き出しを豊かにしていくことが目的。

参考:ケースのサンプル(PDFファイル



今回採り上げたのはレストラン「Bija」という、浜松市に実在する企業。


ケースメソッドの位置づけというのは、たぶん下記のような感じだと思う。実務のコンサルティングと遜色ないリアルさを持ちつつも、教材と部屋さえあれば実施できる手軽さがある。

だから、企業内診断士など実務の機会がなかなか持てない診断士にとってはコンサルティングスキルを高めるための補完的手段に(ある程度)なりうる。そういうところに教育ツールとしての可能性を感じる。



自分もまだまだケースメソッドについて理解していないし、運営スキルも足りないのですが、今後もなんらかのカタチでケースメソッドを用い、チームメンバーのコンサルティングスキルの効果的な向上につなげていきたいと思うのであります。


参考:慶應義塾大学MBAのケースメソッド教育





(超内輪ネタ)土曜日に「1000の名前を持つ男」「歩くデータベース」ことキョウヘイスキー氏の、秋のウェディング祭りがありました。お2人が直線的なハピライフ・ストーリーを奏でられることを祈念して、熱意を込めて叫ばせていただきます。ワッショイ!



スポンサーサイト

comments

ケースメソッドすごくおもしろそーで、カナリ興味深深ですww
あたしの場合、よく分からないままいきなり実践に入ってしまったので相当ハードですが、これはこれで楽しいです^^
10月の政策研でのプレゼンも楽しみにしています!!

  • tiara
  • 2009/09/08 10:38 AM

先日はご参加ありがとうございました!

ペパチェさんのときは天竜旅館で!
余興準備して待ってます!

  • キョウヘイスキー
  • 2009/09/10 1:22 PM

>tiara女王
とても充実した時間になりました。また機会を持ちたいと思いますので、
ぜひご参加くださいね(個人的には、T3とは別にケースメソッド専門の
勉強会を立ち上げようかなと思ったくらいです)。

>狂兵スキー
天竜旅館! 広島、遠い。
私、疲れる。寝る時間、少ない。

  • pepache
  • 2009/09/10 10:22 PM
   

trackback

pagetop