October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カラオケボックスでプレゼン練習


最近のマイブームは、カラオケボックスでプレゼンのリハーサルをやることです。

先日紹介した「本当にあったパワーポイントの怖〜いお話」は、怪談口調でプレゼンをするという風変わりなものでした。そのため、練習しようにも家で練習すると家人や近所の人に変態扱いされかねず、どうしようと思っていて、そうだカラオケボックスでやってみようと思い立ったわけです。



最近はいくつかプレゼンの機会が続いているので、それ以来たびたび行っています。カラオケボックス、けっこうよいです。マイクはあるし、近所に気兼ねなく練習できるし、時間が余ったら歌えばいいし(自分はカラオケ好きではないのでやりませんが)。


前回、自分の研究会ではメンバーにプレゼンをやってもらっていると書きましたが、意外とリハーサルをやってくる人が少ないことに驚かされました。診断士にとってのプレゼンは、ミュージシャンにとってのライブのようなものであり、プロのミュージシャンが本番前にリハーサルをやるように、プロの診断士はプレゼン前には当然リハーサルをやるものだと思っているからです。

自分の場合、たとえば5分間のプレゼンの機会が与えられたら「1時間あれば10回リハできるな」といつも考えます。10回やれば相当話はなめらかになります。また、制限時間オーバーしないように調整もできます。

また、家で1人でプレゼン練習するとけっこう虚しくなるものですが(これが多くの人がリハーサルをしない最大の要因ではないかと思うんですが)、カラオケボックスならそれなりにテンションが上がります(笑)。

さらに、リハーサルの意義は、単にしゃべりをなめらかにするというだけでなく、プレゼン内容自体のブラッシュアップという側面もあります。

パワポを作った段階ではしゃべれるつもりでも、いざ口に出してみると上手く説明できなかったり、自分自身よく理解していなかった、ということに気づかされることがあります。また、全体のストーリーの中で、ここは順番を変えた方がよいとか削除したほうがよいとか気づかされることもあります。これも、アタマの中で流れを追っているだけではできないことです。

そんなわけで、カラオケボックスでのリハーサル、強くオススメするものであります( ̄∀ ̄)。

機会があればやってみてください。

スポンサーサイト

comments

一瞬カラオケボックスに1人で行ってリハする方が勇気がいるのでは?と思いましたが、与件をよく読むと「1人でカラオケに行った」とは書いていないので、1人ではなかったと類推しております。(ニヤリ)

  • madmax
  • 2009/09/05 10:26 PM

>madしゃん
おおおおー、さすがの与件解釈力ですね。
…といいたいところですが実は1人で逝きました(笑)。

カラオケボックスで僕のプレゼンを聴いていくる女子募集!(嘘)

  • pepache
  • 2009/09/07 1:28 PM
   

trackback

pagetop