November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

夜のディズニーランド「六本木金魚」


このお店のことは、しっかりと口コミで伝えていかなければならないと思いました。それくらいに素晴らしいお店。


「六本木金魚」
http://www.kingyo.co.jp/


「ニューハーフのショー」とだけ話に聞いていたお店。いつか行ってみたいと思っていたので、今回自分の研究会のメンバーから募集し「オトナの社会科見学」を企画してみた。


研究会終了後、8名(男女4名ずつ)の診断士で六本木へ。入店すると、さすがに煌(きらび)やかな雰囲気で、ある診断士が「ディズニーランドみたーい」と言うと、受付の人が「ここは、夜のディズニーランドですから( ̄ー ̄)」と応える。

座席はとにかくピンク・ピンク・ピンクで妖しい感じ。


踊り子さんたちと記念撮影


開演前、出演者の方が客席にあいさつにくる。我々診断士のテーブルにもおネエさんがくる。

僕を見るなり「あんら〜、若い男の子ねぇ〜(はぁと)」茶色い声で言われる。

ひぇぇぇ。

その後、新宿二丁目系な下ネタのジャブを2連発くらう。すごく笑えたのでここで紹介したいところだけど、さすがに診断士ブログとしては自重しておきます(笑)。

去っていくおネエさん。間際に僕を見て「またあとでね(うふっ♪)」とロックオン宣言される。あとがあるんですか、あとが!?


開演。


ステージ上で、古今東西のコスチュームで古今東西のダンスやパフォーマンスを繰り広げる出演者のみなさん。

カッコイイところは本当にカッコイイ。個人的にはオープニング、マイケル・ジャクソン(偶然の選曲だったらしいが)の「Beat It」のカブキ風な衣装とダンスに見とれた。

シュールなところは本当にシュールで爆笑(home-awayさんが、なぜかステージ上からドラ焼きをぶつけられるという一幕あり)。

セクシーなところは本当にセクシー。「あの娘(娘?)、いいよね!いいよね!」と、がぜん盛り上がる僕および隣席のne○pl○s氏。502教室の将来は大丈夫か?

また、階段型やベルトコンベアー型の舞台装置もめまぐるしく動き、演出に立体感や迫力を与えている。衣装、振り付け、音楽、演出…それぞれの要素に彼女(?)らの高く貫かれた美意識を感じる。約1時間の圧倒的なパフォーマンスに、途中何度も鳥肌が立つ。


写真は金魚HPより






終演。

さっきのおネエさんがやってきて、「うふっ、あなたのために踊ったわぁん(はぁと)」とやはり茶色い声で囁かれる。さっきとは別の意味で鳥肌が立つ。


プレートの食事に2ドリンクと合わせてこれで4900円は非常〜にオトクだと思います(他にもコースはいくつかあります)。この価格で、あれだけのパフォーマンスを見せてくださった踊り手や関係者の皆様。本当に頭が下がります。

これは、いろんな方に観てほしいですね。観客に楽しんでもらうために膨大な練習を重ねているのであろうことは容易に想像ができ、自分もがんばってイイ仕事をしていこうとプロフェッショナリズムを刺激してくれる、そんなショーであったと思います。



それにしても、「君のために踊った」って、言葉だけ捉えればカッコイイ口説き文句だよなぁ。女性でもないのにこの言葉を言われる経験って、なかなかいないと思う。どうみても自慢になってませんが。

スポンサーサイト

comments

えっと
あの・・・
ぺぱちゃんって。。。
ぺぱちゃんって。。。
イメージが(;_;)

  • まこ
  • 2009/07/14 2:47 PM

その世界に興味はないですが、ペパ先生の鳥肌感は共感できました。プロとしてお客を楽しませるという点で、まさしくホスピタリティの世界ですかね?
ロックオンされたのは、ペパ先生のホスピタリティ感を直感的に感じ取ったからなのではないでしょうか。おそらく、業界へのスカウトだったのでは?
ということで、その業界に就職したペパ先生のHNは「ブラックペパー」がよろしいかと思います。いってらっさいー/~

  • madmax
  • 2009/07/15 12:25 AM

いいぃなぁぁ。
再びの金魚ツアーお願いします!!

  • ウシ
  • 2009/07/15 1:29 AM

>まこさん
さきほどはどうもでした( ̄ー ̄)。

素の自分はこんな感じです。
関東では周知の事実ですが…関西方面ではまだまだ
私のイメージは美化されているんでせうか。

>madさん
まさしくホスピタリティでした。「5000円もらうのだから5000円分楽しませよう」
みたいな損得を考えないところに感動は生まれるのだと再認識いたしました。

ただでさえ、なぜかその世界受けする私。
(二丁目でゲイバーのママに抱きつかれた経験あり)
さらに周囲が「こいつイジラれキャラですよ」などと吹聴するものだから、
オネエのロックオン度がますます高まりました。
また行きたいですが、顔覚えられたら本当に就職させられそうな悪寒。

>ウシ
割引券もらったからまた行きましょう。
他の系列店(黒鳥の湖など)もおもしろそうどえす。

  • pepache
  • 2009/07/15 1:51 PM
   

trackback

pagetop