November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

1次試験は「クイズ大会」にあらず


ビジネスを進めていくにあたって「仮説思考力」が重要だということはあちこちで言われていることですが、もしそうだとするならば、ビジネスの模擬事例である2次試験にも、当然に仮説思考力(=根拠をもって最も近い思われる答えを導き出す力)は求められることになります。

そして、そこまでは多くの方がご納得いただけると思いますが、実は1次試験においてもそのスキルは求められていると思います。

「企業診断」来月号の僕の連載コラムは「仮説思考力」がテーマですが、そこで僕はこんなことを書いています。


1次試験は知識問題なので「答えを知っているか知らないか」で得点がすべて決まるかのような印象がありますが、実際にはそれだけではありません。たとえば私の場合、正解を正確に知っていた問題は4割くらいしかありませんでしたが、それでもトータルで7割を得点しました。

その理由の半分は「運」、そして半分は「仮説思考」でした。知らなければ知らないなりに、他の知識や一般常識を参考にするなどして「論理的にはこれが最も正解に近い」という選択肢を選んでいったわけです。仮説思考力を鍛えておけば、このように知識量以上の得点を積み重ねることが可能になります。



もし1次試験が純粋なクイズ大会であるのならば、僕は4割+1.5割で合計55%しか得点できなかったことになります。しかし、さらに1.5割を積み上げることができたのは、(今にして思えば)仮説思考のおかげだったのです。

まったく知らない問題が出たとしても、(あまりにマニアックな一部の問題は別として)先述のように他の知識や一般常識等をあてはめてみることで「これじゃないかな」とか「これはあり得ないな」と推論できることがあります。そうすることで少しでも正答に躙(にじ)り寄っていき、それを繰り返していくことで総得点を高めることができると思います。


「まったく知らない問題に対して、自分なりの根拠をもって少しでも正解に近づく」と言えば、以前ベストセラーになった書籍「地頭力を鍛える」で紹介された「フェルミ推定」が思い出されます。「日本に電信柱は何本ある?」「琵琶湖の水は何リットル?」といった無茶振りな問題を考えることで思考力を鍛えるトレーニングですが、フェルミ推定と診断士試験はそういった点で共通しています。

1次試験は、がんばれば暗記&暗記で乗り越えることができますし、どうしても分からなければ多少の設問は捨てることができます。しかし、2次試験はそうはいきません。知識量だけでは通じませんし、捨てられる設問もほとんどなく、結局「考えること」からは逃れられないのです。


1次試験を単なる「クイズ大会」として捉えるか。そうではなくて、分からない設問でも(可能な限りの)根拠をもって仮説を立てることで2次試験対応力を磨く機会として捉えるか。
どちらの姿勢で臨むかが、結局2次試験の合否や、診断士としての成功すらも左右していくのではないかと、僕は思います。


 

スポンサーサイト

comments

「ですます調」で書けば少しは柔らかい雰囲気になるかと思ったけど、
ぜんぜんそんなことなく、我ながら上から目線な記事になったなぁと思ふ( ̄∀ ̄)

  • pepache
  • 2009/06/12 10:28 PM

私は一次試験はなんとかクリアできましたが、二次試験勉強で苦しんでおります。

真面目な内容で絡みにくいですな…www合唱

  • 和尚
  • 2009/06/13 12:03 AM

詮ずるところは、1次試験も2次試験も、この仮説思考を鍛えることが重要だとは思いますね。二次試験の学習をすると1次試験に受かりやすくなるというのも、そういう部分があるのだとは思う。知識詰め込み型学習になれて、2次試験も財務事例で勝負だと考えている人々に会うと、なんだかなあと思う訳で....そういう指導方針とってる人もいたりするわけで...知識を詰め込んでいるようで、知らず知らずのうちに、仮説思考を活用している部分ってのがある訳ですしね。そう考えていくと、いろいろ回り道している人が生き方として、自分も含めずいぶん多いよなあとか、考えてしまったり。なかなか深い次元の話になるよなあと...

  • トシキ
  • 2009/06/13 12:34 AM

今回の説には私も共感します。
私も、正解を絞り込める問題と2択まで絞り込める問題がそれぞれ4割でした。ケアレスミスをなくして前者をほぼ全問取り、2択問題を消去法や勘(こうあるべきという感覚)で絞り込んで6〜7割正解に持ってい気、残りをまぐれで正解して合計7〜8割という感じでした。

2次事例の場合は、自分で事例のテーマや解答の骨子を2〜3個用意して、妥当性が高いと思われるものを選んでいたように思います。これも仮説思考ですね。

仮説思考を活かして知識を増やし、知識を活かして仮説思考を磨く、そういうループがまわると強いのでしょうね。

  • takeshi
  • 2009/06/13 8:17 AM

同感です。
あくまで勉強方法は千差万別で、目的は合格すること、という前提の上で書きますが…。
1次試験からそのように考えていれば、2次試験の勘所も自ずから掴めると思います。1次と2次を別モノと捉え、1次は知識詰め込み系の考え方もかなり多いかと思いますが、知識だけに頼ると応用が利かないため、広範な記憶や、場合によっては多回数のチャレンジを必要として、結果的に非効率になるリスクがあると思います。

こんにちは!oratakiです。
いつも仕事柄仮説思考に追いまくられています。正直、風呂入っているときも、食事しているときも、遊んでいるときも、この呪縛を背負っていかないと身につかないなと感じてます。知識を補うための仮説思考ではありますが、さりとて仮説思考するためには広汎な知識が必要であるとも感じている今日この頃です。

>請負人さん
やはり多くの方にとって2次は壁ですね。
もし記事の内容に該当するような状況であれば
ご検討されてみてください。

>和尚
絡みなさいよ(笑)。takeshiさんを見習って。

>トシキさん
先日はおつかれさまでした。久しぶりにお話できて楽しかったです。
…まあ、私も人生回り道していますからね…。大学2つ(1つ中退)行っていたりとか。

>takeshiさん
そうですよね。お互い、当時のブログからそうのように取り組んでいた
ことが思い出されます。

>仮説思考を活かして知識を増やし、知識を活かして仮説思考を磨く、
そういうループがまわると強いのでしょうね。

これに似た話を、最近出たセミナーで聴きました。
また書ければと思いますが、「アウトプットと次のインプットを
連結させられたら学習効率が上がる」という考え方は重要だと思います。

  • pepache
  • 2009/06/14 9:02 AM

>ウシちゃん
おはようです。ウシ子ちゃんも最近1次試験絡みの話を書かれてますね。
(それにしても○○のまったくないウシのコメントに違和感が…)
今日か明日、また別の観点から1次試験について語る予定であります。

>oratakiさん
さすが、コンサルの方は仮説思考が習慣化していますね。
仮説思考には知識も必要というのは同感です。
フェルミ推定にしても、日本の面積とかGDPとか
そういう基礎教養を根拠にしたりしますしね。
また、自分は仮説を考えるときにはけっこう他の分野から
のアナロジーが役に立っています。歴史上の出来事を
現代のビジネスに置き換えてみるとか。そういった意味でも
インプットはクリティカルかと思っています。

  • pepache
  • 2009/06/14 9:11 AM

1次は、それほど知識を詰め込まずとも、割と余裕を持ってクリアできたかと思います。
日本語読解力と仮説思考力がそれなりにあったのかなとも思いつつ、それであれば、またなぜに2次は、何回ものチャレンジを要したのか?
仮説思考力のレベル感に難があったのか・・

  • ロンドン3
  • 2009/06/19 1:01 PM

>ロンドン3
それは日頃の行いが…いや、ゴホンゴホン。
仮説力のレベル感かも知れませんし、もし仮説(What)に問題がなかった
とすれば、あとは表現力(How)の問題だったのでしょうかね。
まだまだ2次試験は謎がたくさんあります。

  • pepache
  • 2009/06/21 9:53 AM
   

trackback

pagetop