February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

こんにちは、ちゃっかり八兵衛です。


502教室の川柳大賞で最多得票を頂いたぜイエイ!

賞を頂いた記念に、自分が川柳を考えた経緯をつづってみる。


川柳をどうしようか考えたとき、まず「路線」をどうしようか迷った。診断士を熱く語ったものにするか、「笑い」に走るか…。そこで最終的には「苦笑い」で行くことに決めた。そもそも川柳の本質は「苦笑い」であると思う。(自分を含め)多くの受験生が共通して体験しているはずの場面を鋭く皮肉る。そんな川柳にしようと思った。

そして、なにかネタはないかと受験生時代のTACの教材を見ていたところ、蛍光ペンを非常に塗りまくっていた事例演習が見つかった。少し重要だと思ったらすぐに塗ってしまう。その結果、(8割は大げさだけど)大半が塗りつぶされていたのだった。そして、「これじゃあ、塗っていない部分のほうが目立ってるじゃん!」と1人ツッコミをした瞬間、あ、これを川柳にすればいいんじゃんとひらめいた。

重要な部分を目立たせる目的で塗りつぶしたものの、塗りつぶしすぎたゆえに重要でない部分が逆に目立ってしまうという倒錯。これはおもしろいテーマだ。それでできたのが本作。

「蛍光ペン 与件の8割 塗りつぶし」(塗らない2割が かえって目立てり)


以前、「川柳にはあるある感が重要」という話を書いたが、今回、9名の方に投票していだいたのだから、それなりに「あるある感」のある歌が作れたかなと思う。



もう一方の

「オレの嫁 声なき声など ありえない」(不満はすべて 声にだしけり)

は、別に自分は結婚していないのだけど orz、2次受験生の間で有名な「声なき声」という言葉をどうしても使ってみたくて、作ってみた。これに投票した3名の皆様、きっと奥様がそのような方なのでしょうか(笑)。


うーん、それにしても惜しかったなあ、自分で自分に投票しておけば単独1位だったんだなあ。

ともかく、ご投票いただいた12名のみなさま、ありがとうございました。netplusさんからの豪華賞品に期待しています( ̄ー ̄)ニヤリッ

スポンサーサイト

comments

   

trackback

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2008/01/30 10:31 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2008/02/01 11:15 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2008/02/05 9:56 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2008/02/09 8:11 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2008/02/16 12:35 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2008/02/29 11:01 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2008/06/11 9:29 PM
pagetop