March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「アッピア街道の松」


皆様、あけましておめでとうございます。
ペパチェ@大そうじ中(!)です。

テレビ東京では毎年恒例の「東急ジルベスターコンサート」をやってましたね。カウントダウン(新年を迎える瞬間ジャストで曲が終わるように演奏する試み)は今年も成功。曲はレスピーギの「ローマの松」より「アッピア街道の松」。自分がめっちゃ好きな曲です。


(作曲者が楽譜に記した内容)
「アッピア街道の霧深い夜明け。不思議な風景を見まもっている離れた松。果てしない足音の静かな休みないリズム。詩人は、過去の栄光の幻想的な姿を浮べる。トランペットがひびき、新しく昇る太陽の響きの中で、執政官の軍隊がサクラ街道を前進し、カピトレ丘へ勝ち誇って登ってゆく」


rome2

というわけで、軍隊の行進が次第に夜明けを迎えていく様子を描いています。ですが、自分がこの曲を聴くといつも、「夜明け」というよりは、「暗いトンネル」を歩んでゆく中で少しずつ光が見えてきて、やがて、ぱーっと視界が開ける! そんなイメージが浮かびます(夜明けとあまり変わらないか)。

暗闇の中を抜けて、やがて輝かしい希望の光が見えてくる。そんな連想を抱かせるゆえに自分はこの曲が好きなのだと思います。元気を与えてくれる曲だと思うので、受験や仕事などで悩めるときにはぜひご試聴を(自分的には、ボストン響&セイジオザワがとても洗練されててオススメ)

レスピーギ:ローマ三部作
レスピーギ:ローマ三部作


これを読まれている皆様へ。この「アッピア街道の松」のように、夜を抜け、そして「希望」の訪れる1年になることを祈念して、今年最初のエントリーとさせていただきます。

今年もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

comments

あけましておめでとうございます!
アッピア街道、昨年行ってきました。古代ローマ時代から保存されていて、この街道を古代ローマ人が通ったと思うと感慨深いものがありました。イタリアへ行ったらアッピア街道はおすすめですね。
ではでは、今年もよろしくお願いします(^^)

NANAさん、あけましておめでとうございます!

うー、実際にいったんですね、アッピア街道。いいなあ。
もし現地を訪れてiPodでこの曲聴いたりしたら鳥肌が止まらないでしょうねえ。

それにしても、NANAさん、イタリアではイタリア人にナンパされまくり
だったと想像。

  • pepache
  • 2008/01/01 10:55 PM

うー、実際にいったんですね、アッピア街道。いいなあ。

   

trackback

pagetop