November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

左利き受験生のための解答用紙作成術


。クッバクッラトにーリトンエのんゃちーブの期同
。すでき利左もクボは実



…右から書いてみたものの、やっぱり読みにくいからやめる。


同期のブーちゃんのエントリーにトラックバック。
実はボクも左利きです。


【左利きであるがゆえに見えること】


【左利き受験生の悩み】
戦前はこんな感じで右から左に書かれていたものだが、現代では左から右に書くのが常識となっている。

kurosawa
(黒澤明の映画「一番美しく」ポスターより)

それゆえ、当然のことながら2次試験の解答用紙も左⇒右仕様となっており、左利きの受験生を苦しめる。まあ、左から右に書くこと自体にはもはや抵抗はないけれど、「左手で左から右に書く」ということは

⇒「既に書いた文字の上を左手が通る」ということを意味する。つまり、

「解答用紙が汚れやすい」ということ。

試験の合否は当然「何を書いたか」で決まるわけだけれど、やはり汚い解答用紙よりは、パッと見できれいな解答用紙の方が採点者の心象が少しでもよくなるのではないかと考えた。また、正しく書いた文字が、汚れのせいで誤字に間違われてしまう可能性もある、と考えた。


【下敷き作戦の導入】
それに対して自分はどうしていたか。TACで2次対策をやっていた当初は、下敷きを使って、その上に左手を置く、という方法で解答用紙を保護していた。

だけど、よく考えてみると、TACではよくても、本試験会場に下敷きを持ち込んでいいのかどうか、微妙である。2次試験の受験票を見ると「持ち込み可」とは書いていない(「不可」とも書いていないけど)。「定規は持ち込み可」と書いてあるので、「定規機能を持った下敷きならよいのではないか」と拡大解釈してみたりもした。

おそらく、下敷き作戦は有効かと思われる。「持ち込み可」ではないものの、〇邯慨韻呂修海泙埜渓には見ていないので、不正のしにくい透明な下敷きであれば注意される可能性は低そう(ただし、試験官によって個人差はあるかも)。また、■裡任犯獣任気譴燭らといって、せいぜい注意される程度で、即刻退場になるわけではない(ただし、注意を受けている時間のタイムロスはあるが)、という理由による。


【ホチキス針外し作戦の導入】
これもブーちゃんの記事にあるが、LEC模試の中で「問題用紙のホチキス針外し」というのを学んだ。これは問題用紙を分解して、メモ書き作業の効率を高めるというもの。そして、その中で分解した問題用紙の1枚を使って、解答用紙を保護するのである。これなら持込み云々の悩みはなくなる。

ただし、前述のとおりそもそもはメモ書きのためのホチキス針外しなので、うまく使い方を考えないと、メモ書きの紙が確保できなくなったり、逆に解答用紙保護用の紙が確保できなくなったりする。そこは演習を繰り返すことで程よい使い方を身につけるしかないのかなと思う。

結局、自分はこちらの作戦で行くことにした。


【あなたはどっち?】
自分が使っていた作戦2つ、それぞれにメリデメがある。自身に相応しいほうを検討してみてください。また、これ以外の作戦もなくはないと思う。〆玄蠅魎につけずに書けるようにする △海譴魑,鳳νきに矯正する(?) など。

左利きというのは日本人の10%いると言われる。ということは2次受験生4000人のうち400人は上記のような悩みを抱えている(かもしれない)ということ。400名の左利き受験生の皆さん、応援しています。ぜひ合格して、私とブーちゃんと一緒に左利きビジネスを活性化していきましょう(笑)。

スポンサーサイト

comments

まいど!どーもです。
TBありがとう。ガ○ヤ○勉強会で左利き
ばっかだったのが懐かしいです(笑)。
左利きビジネス、マジでなんか
おもろい展開にしたいです。

どうもぅ!
ガ○ヤ○には、10%どころではなく多かったですね。左利き。
自分もブー氏にならい、もうちょっと左利きというものについて観察してみようと
思います。

  • pepache
  • 2007/12/26 5:49 PM
   

trackback

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/12/27 2:22 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2009/03/09 2:08 AM
pagetop