November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

本試験所感その2「メリデメ問題対策」


組織事例で「インストアショップのメリットデメリット」という問題が出ました。過去問では「2つのオプションのメリデメを論じさせる」設問がよく出ています。

このことは、自分が受験したときから認識していたのですが、ここまで執拗に出題してくるとは思いませんでした。ブログに書いておけばよかったですね。orz

下記のリストを見てみてください。

・フランチャイズ VS 直営展開
・OEM VS 自社ブランド
・大口依存 VS 取引先分散
・親&子会社 VS 独立企業
・インストアショップ VS 独自出店

いずれも過去問にあったものですが、共通点が浮かびますでしょうか。

それは、「リスク」とか「安定性」といったものです。上記の5つは、左側は右側に比較すると低リスクで安定的に収益を得やすいオプションです(「大口依存」だけはそうとも言い切れないのですが)。「投資やコストを抑えられる」点も指摘できるかも知れません。また、デメリットとしては、「依存することによる制約」が共通項として指摘できると思います(左側はすべて何かに依存しています)。


それぞれの細かいメリットデメリットはさまざまですが、基本的には上記のようなところは共通しているのではないかと思います。まあ、実際のビジネスでも、「リスク」を評価軸とした意思決定の機会は多いですしね。


では、このタイプの出題が今後あるとすれば、他にどのようなものが考えられるでしょうか。

たとえば、あるシステムを導入するときに「パッケージ導入するか VS スクラッチ(最初から)開発するか」という問題が出たすれば、「パッケージはリスクやコストが低い。けれど、出来合いな分、自由度に制約がある」という方向性が考えられると思います。

他にもあると思います。仕事の中でもそういった性質の意思決定のシチュエーションってあると思いますので、ぜひ、他のケースも考えてみてください。思いついたら、ぜひ教えていただければ幸いです。


ちなみに、メリデメについては、以前こんなことも書きました(「メリット&デメリット問題攻略法」。ご参考にどうぞう。

スポンサーサイト

comments

   

trackback

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/10/24 4:36 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/10/24 11:33 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/10/25 10:37 AM
pagetop