October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「何があなたの障害になっているのか?」


いろいろな方にメールを書いたりコメントをしたりしたいのですが、激務にてあまり動けずにおります(とても充実した仕事ではあるのですが)。もうちょっとだけ待ってくださいね。

こういうときのために書き溜めておいたエントリーを代わりに載せておきます。m(_ _)m


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アメリカの軍人・パットン将軍(映画「パットン大戦車軍団」で有名)はこう↓言っていたそうだ。

「命題、前提、分析、総合、結論という演繹的帰納法をしていると、これはちょっと手が出ないなという答えになることが多い。先にこうやると決めて、問題をつぶしていくという思考過程のほうが前に進める」

つまり、先に「俺はこうやるんだ」と決めておいて、次に「何が俺の邪魔をするのか」を知り、それを潰すという考え方。

ずいぶん前に読んだ本からの引用だけれど、この一節はずっと自分には印象に残っていた。実際、その後こういう考え方をよく使うようになっていった。そして、やはりこちらの考え方のほうがクリエイティブかつアグレッシブな発想ができたような気がしている。

これと対を成す考え方は、「現在の状況・条件・資源から何ができるか」ということになる。これは経営戦略論では「リソース・ベースド・ビュー(RBV)」と言ったりする。H18年のテニススクール事例は典型的なRBVの問題と言える(たぶん)。(反対に、経営ビジョンを描いたうえでそこに到達する手段を考える事例であった化学品商社の組織事例は、パットンの考え方にやや近いかも知れない)。

もちろん、そのRBVが悪いというわけではない。「難関大学生や自習室を保有しているから学習塾事業をやりましょう」という考え方も、B社が生き残っていくためには現実的で合理的である。ただし、そればっかりに囚われすぎると革新的な発想は起こりにくいのではないかということだ。

自分も仕事上では、周囲に「現状、○○○だからできない」と考える傾向が強いときには特に「じゃあ、○○○を解決すれば△△が実現できるんですね?」という考え方を振るようにしている。それで打開策が生まれることも実際にある。


現状 ⇒ 越えるべきハードル ⇒ 理想


…そして、受験勉強においてもパットンの考え方を(時々は)使ったほうが効果的かなと思う。「今の状況(学習時間や知識、人的資源など)でどうしたら合格できるだろうか?」と考えるだけでなく、「合格にたどり着くためには何を潰せばよいのか」と考える。そのようにアグレッシブに考えていくことが、実力を急速に引き上げるのではないかと思っている。


ちなみに、「何を潰せばよいのか」「要は何が自分の障害になっているのか」といったことについては、簡単に分かる場合もあれば、状況が複雑すぎて、あるいは抽象的すぎてすぐには分からない場合もある。後者の場合に、それらを解きほぐして解決のツボを見つけられるようになるまでには、ある程度の慣れが必要かもしれない。

スポンサーサイト

comments

新卒で入った会社の社長が超パットン式志向でした。「志のないやつはアカン」という考え方。
ある程度見通しのつく距離の目標ならたてられるし、パットン式のスピード感は納得なのですが、20年後の目標なんて真っ白だった私の救いになったのが、マザーテレサの番組です。
まさに反対と思える手法―目の前の人から助けていく、できることからやっていく、ということの繰り返しで世界規模での活動に至ったとのこと。
なんとなく、前者は男性的、後者は女性的、な志向な気がしています。

chisakoさん、こんにちは!
なるほど、男性的/女性的という見方ですね。
自分の場合は最初の会社で「AsIs(現状)とToBe(理想)」
の間を埋めるということを始終叩き込まれていたような気がします。
もちろん、要はバランスが重要なのでしょうけど…
本試験の平均点も、事例1は男性が、事例2は
女性の受験生の方が
高かったりするかもしれませんね(笑)。

男性女性の違いということで言えば、もう1つ日ごろ思っていることがあるので
近々書いてみようと思います…。

  • ぺパチェ
  • 2007/05/13 12:06 PM

私も仕事でよくやらかします<現状重視
その度に上司から現状を否定しないとイノベーションは生まれないと叱られるわけですが…。


出来そう、出来なさそうという自分の感覚は大抵「当たる」のですが、感覚で当てるのではなくて現状と理想の2方面から検討するのが必要ですね(なかなか難しいですが)。

  • takeshi
  • 2007/05/13 12:43 PM

>take-c-3
自分は外れることが多いかなあ。できると思った仕事が
できなかったり、できないと思った問題で得点できたりと、
自分の予言は細木数子ばりにハズれます。

現状の否定と言えば、最近「ゼロベース思考って何?」という
質問を受けたので、これについて書いてみようかなと思っています。

  • ぺぱ
  • 2007/05/15 9:38 AM
   

trackback

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/13 2:47 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/13 3:19 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/13 4:28 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/13 7:07 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/13 7:45 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/13 9:14 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/14 2:42 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/14 4:34 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/14 5:00 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/14 5:22 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/15 9:52 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/05/28 11:55 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/06/15 8:04 PM
pagetop