October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

文字数調整トレーニング


たとえば、解答欄に「コミュニケーション」という言葉を書くと9文字分埋まる。

これに対し、それを「意志の疎通」と置き換えると5文字分埋まることになる。

・「問題は、部署間のコミュニケーションが不十分なことである」
・「問題は、部署間の意志の疎通が不十分なことである」

このように、(ほぼ)同じことを言いながら、文字数は4文字違ってくる。また、「見直しを図る」と「見直す」という言葉。

・「出店戦略の見直しを図るべきである。」
・「出店戦略を見直すべきである。」

これも(ほぼ)同じことを言いながら、文字数は3文字違ってくる(こっちについては、前者のほうがややオトナな表現と言えるが)。

いずれの場合も、解答欄に多くの要素を詰め込みたかったら文字数の短いほうを、書くことがなくて文字数を稼ぎたかったら文字数の多いほうを選べばよいということに(基本的には)なる。

自分の通っていたTACでは文字数が余っても減点はされなかった。ところが、他社の模試では空欄が多いと(100字なら95字未満くらい)減点するところもあり、初めて減点されたときは「げっ!」と思った。

本試験で「空白が減点」なのかどうかは分からない。ただ、自分なりのローリスクというか、一応減点される可能性を考慮して、また、解答用紙のパッと見の印象を高めることを意図して、必ず95字以上は埋めようと決めていた。


そんなわけで「語彙・表現力を豊かにして(冒頭のように)いろいろな書き方ができるようになれば文字数は調整できる」と考え、それを意識したトレーニングを行った。

まず1つは写経。写経にはさまざまな目的・意図があるけれど、その中の1つとして「語彙・文章表現の吸収」ということがあると思う。人は人ごとに同じ語彙・表現を使う傾向がある。たとえば「コミュニケーション」という言葉を使い慣れている人は、その言葉が必要なあらゆる場面で「コミュニケーション」という言葉を使うだろう。だから、写経をしていて「あ、『意志の疎通』ってのはほぼ同義だなあ。そっちのほうが文字数が少なくてすむなあ」という学びが得られれば、今後はその2つを使い分けることができる。

また、「勉強会」も同じ目的が果たせる場だと思う。受験仲間と解答を見せ合うことでやはり「あ、そういう表現もあるのか。そっちのほうが文字数が少なくてすむなあ」などという気づきが得られる。

他にもいろいろトレーニング方法は考えられるかもしれない。単純に、読書量を増やせば語彙・表現も豊富になっていくと思うし。


ともかく、自分はそういうことを意識してやってきた。おかげで、本試験ではほとんどの設問で98〜100字を埋めることができた。文字数の調整はほとんど瞬時に行え、解答要素の検討などに時間を集中することができた。

そうそう、誤解してほしくないのは、これら文字数調整の話は、はあくまで文章のまとめ方の話であり、「そもそも解答要素が妥当か」とは別であるということ。いくら文字数が調整できようとも、本質の解答要素をハズしていては得点には結びつかないであろう、ということは付記しておきたいと思います。

スポンサーサイト

comments

遅くなりましたが、502デビューおめでと
うございます。

忙しい中、有益なエントリーを出し続けるポ
ペさんには頭が下がります。ぜひ頑張ってく
ださい。僕も勉強させていただきます。

ところで、ここのゴーストライターの件、低
品質化を目指すなら、私が最適かと思います。

第1話『ぺパの流刑地』・・・w

そろそろ502追い出されそうですww
それではごきげんようさようならwww

  • hori
  • 2007/04/17 11:38 AM

>hori兄
ありがとうございます。
こちらこそ、まだいろいろと学ばせていただきたいことがありますので、
よろしくお願いします。

流刑地…どこに流されるのか…orz
じゃあ、ぜひゴーストライターお願いします。
パスワードは…(以下回線不良)

  • ペパチェ
  • 2007/04/17 12:19 PM

ども。ペパチェ・メソッドらしいメソッドやね。次から次とネタが尽きないところはさすがっす。

内容はペパメソッドっぽいんだけど、なんか最近気恥ずかしい
ので、ペパメソッドとは名乗りませんでした…。
なんか実務ネタより受験ネタのときのほうがアクセスが多いんですけど、
やっぱニーズがあるのかな…。

  • ペパ
  • 2007/04/18 6:34 PM
   

trackback

pagetop