June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

教材がない状況で勉強する方法


電車の中でテキストを読んで勉強することがあると思うが、満員電車でテキストを開ける状況にない場合、あるいはテキストを忘れてしまったとかで持っていない場合、どうしたらよいだろうか?

他にやることがあればいいけど、それもない場合、ただボーッとしているのはもったいない。

ご存知の方も多いかも知れないが、大前研一氏はコンサルタントになった頃こういうトレーニングを積んでいたという。


ー崙發旅告に注目する
■韻弔鯀び「この企業をコンサルするとしたらどうするか」考える
しかも延々と考えるのではなく、駅に着く数分間で1つの答えを出すようにする


これを真似る場合、特には重要だと思う。延々と深く考えることも大切だけど、本試験も時間制限がある以上、「一定の時間内に答えを出す」作業には慣れておいたほうがいいと思う。

また、「コンサルするとしたらどうするか」ではテーマが大きすぎる場合は、診断士試験に合うように切り口を変えてもいいと思う。一例をあげると、

・この企業のSWOTはどうか
・この業界に起きている環境変化はどのようなものか
・この企業の戦略(全体戦略、事業戦略、マーケ戦略、プロモ戦略)はどのようなものか
・この広告のターゲットはどんな基準で分類されたどんな顧客か
・この商品のベネフィットは何か

…こんな感じかな。

また、こういうトレーニングは当然、電車内に限定されなくなる。車でラジオを聴いているとき、街中でキャンペーンを目にしたとき。TVや雑誌で広告を目にしたとき。利用シーンはいろいろある。

戦略策定の全体的なプロセスにイマイチ慣れておらず、事例演習なんかの理解がどうしても断片的になってしまうという方には、こんなトレーニングどうでしょう?とオススメしてみます。

スポンサーサイト

comments

電車で、身動き取れないことの方が多く、車両を移動しても、さほど効果がないことを
最近になって知りました。。。

とても、いいですね。このトレーニング。
今度実践してみます。

  • ルン
  • 2006/09/25 1:22 PM

こんなことを書いている自分自身、疲れているとつい
ボーッとしてしまったりするんですけどね(笑)。

ぜひ試してみてください!

  • ryonga
  • 2006/09/26 11:01 AM
   

trackback

pagetop