May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スパリゾート・ハワイアンズを秒速で楽しむ21のTips

 
先日、金曜土曜と福島の「スパリゾート・ハワイアンズ」に行ってまいりました。東京ドーム6個分の広大な敷地には様々な施設やアトラクションが配置されており、より快適に過ごすためには事前の情報収集が不可欠だと思いました。



私も、スマホで情報サイトやブログなどを参考にさせてもらいつつ、おかげさまで2日間を楽しく過ごせましたので、おそらくこれから行く方やまさに旅行中の方の検索にひっかかることを期待しつつ、参考になる(かもしれない)気づきを列挙しておきたいと思います。 ※2015年9月現在の情報(というか感想)です。

【移動】
(1)平日は電車(特急ひたち)は空いていますが、都内から日立駅まではビジネスマンが多いので、うるさい子供を連れている方は要注意。

(2)特急の到着に合わせて、湯本駅からハワイアンズ行きの無料バスが出ています(帰りはなぜか中途半端な時間に運行。鈍行には合わせてる?)。

【ホテル】
(3)新しくできたモノリスタワーおすすめ。キレイ。プールに近い。接客も好感。ただし部屋にはネット環境ありません。まあ、こんなときくらいPCやスマホはお休みしましょう( ̄∀ ̄)

(4)金曜日から行ったためか、4人家族なのに6人部屋にしてもらいました。ただし2人分は2階のベッドであり、子供(幼児)がハシゴに登りたがるので危なっかしくて気が気でなかったです。ホテル側のサービスだったのかもしれませんが、これだったら4人部屋でよかったかなあ。

(5)ホテル内にある大浴場の温泉もなかなかよいです。ただし後述の「余市」がもっとすごい。

【パーク内(プール)】
(6)水遊び用のオムツは売店に売っています。

(7)自動空気入れがプールにあるので、浮き輪などは前もってふくらませる必要なし。レンタルは値が張るので家から持って行きましょう。

(8)新しくできたフィッシュゴーランドは楽しかった。ただし休日はイモ洗い状態です('A`)



(9)ウォータースライダーは楽しそうでしたがトライできず。幼児連れだったのでその余裕なし…(ちなみに身長120cm以下NG)。

(10)宿泊日はホテルとプールを気軽に行き来できますが、最終日はチェックアウト後となり、荷物がかさばります。現金なども持ち歩く必要があります(宿泊日は部屋番号と名前を言えば買い物OK)。着替えなど荷物は整理して臨みましょう。

【パーク内(プール以外)】
(11)ショーは座席予約おすすめ。SS席やS席は早く売り切れるもよう(特に夜の部)。自分はA席で2階の最前列を取りましたがよかったです。



(12)館内は常夏仕様のため暑いです。服を着てショーを観ると汗だくになるので注意(予約席だとドリンク半額)。

(13)「余市」という露天の温泉が広くて雰囲気がある。広さでギネスブックに載っているとか。



(14)プールエリアが暑い一方、別のエリアに移動する際は暖房がきいていないので、なにか羽織るものがあったほうがいいかも(9月時点では冷房のせいか寒かった)。

(15)スパガーデンパレオ(屋外の温泉プール)は9月でも晴れると日差しが強い。「スパリゾート・ハワイアンズで日焼け」という、まさかの事態が起こりえます。ここに長居するなら日焼け止めを。

【食事】
(16)モノリスの朝食ビュッフェはまあまあ。オーダーメイドで具入りのオムレツも作ってもらえます。

(17)未体験ですが、夕食も評判のようです。

(18)プール(ショーステージ近く)のハンバーガーはまあまあでした。スパムバーガーおいしいです。

(19)ウィルポートにあるイタリアンビュッフェ(大人1850円)はダメダメ。種類の少ないパスタ。冷めたピザ。スイーツは多少ありますが、シェーキーズのほうがいくらかマシです。

(20)今回は行っていませんが、行けるようであれば湯本駅近くの「おかめ」という居酒屋がGoodです。数年前に行きましたが、魚が実に美味かったです。映画「フラガール」の撮影スタッフ御用達だったとか。

(21)なお、「フラガール」は良作なのでレンタルして見ておくと吉。炭鉱の町でまったく新しい観光産業を成立させるまでの苦労に思いを馳せながら観るショーは一味違うはずです。映画の関連資料を展示したミュージアムもあります。



以上

スポンサーサイト

pagetop