September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【データ分析】「生活定点調査」の大海原からお宝を見つけ出す


今回は久しぶりに研究会の活動紹介でも。



来月は「データ分析スキルを磨く」をテーマに取り上げます。最近は統計学の本が売れていますし、先日の2次試験でもPOSデータ分析の出題がありましたが、問題を発見したり仮設を検証したりするうえではデータを扱うスキルは不可欠なわけですね。

分析の題材については、ネットで興味深いものを見つけました。博報堂生活総合研究所の「生活定点調査」です。
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/7332

この調査は日本の消費者の価値観やライフスタイルについて20年間アンケートを続けているものであり、2012年に全データが無償公開されました。とても太っ腹です。


たとえば「お酒を毎日飲む」という質問に対してYES/NOの回答数が20年分蓄積されています。また、それらを性別や年代別に分けて見ることもできるようになっています。


(質問表のイメージ)

質問項目は1500近くあるので、ほぼ無限と言える組み合わせで分析を試みることができます。さらにありがたいことに、Excelマクロも内蔵されており、簡単な操作でグラフを見ることができます。


(グラフ作成例。携帯についての質問なので2002年からしかデータがありませんが)

もちろん博報堂生活総研としても(下記のように)さまざまな分析結果を公表していますが、我々も、このデータの大海原からお宝、すなわち日本人のライフスタイルや価値観にまつわる鋭いトレンドを発見できればと思います。


■参考:個としてつながる夫婦関係へ 
 〜博報堂生活総研『生活定点』調査より
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/575


めざせ海賊王! ユニークな視点による分析や発見を楽しみにしています( ̄ー ̄)>会員各位



スポンサーサイト

pagetop