September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

大学受験講義動画サービス「受験サプリ」が社会人にもオススメ


いくつかお試し動画を観つつ、ちょっと入会を検討しています。

受験サプリ

これはリクルートの新サービスで「月額980円で有名講師の講義が見放題」というものです。もちろん大学受験生を対象にしたサービスですが、以下のような理由で僕のニーズにとても合っているのです。




(1)プレゼンスキルを学べる

 大手予備校のトップ講師は数千万レベルの年収になるそうですが、そういった彼らのトークをいくつも観ることができます。もちろん「授業」ですので、ジョブスやTEDのようなダイナミックなプレゼンとは違うのですが(そもそも目的が「理解」vs「説得」ですから、かなり違いがあるわけです)、幅広いレベルの高校生・浪人生が理解できるように工夫された講義力は、ジョブスらとはまた違った意味で学べるものがあります。(特に診断士試験の受験指導をしている講師などにとって参考になるかもしれません)


(2)英文法:「なぜ」から理解できる

 他の科目にも言えることですが、英文法など「そういうものだから覚えろ」というのではなく、「なぜそうなるのか」を説明してくれます。たとえば肘井先生の「仮定法」の講義(試聴可)では、なぜ仮定法では過去形や過去分詞が使われるのかの背景を説明してくれており腑に落ちました。TOEICにチャレンジしている方には、Part5,6の実力アップにもなるはずです。

 なお、講師の一人の関先生の解説書はとても分かりやすいと評判です(私も買いました。文末参照)。


(3)現代文:読解力や文章力、思考力を高められる

 受験の現代文では一流の論説文や小説を題材に、その構造を紐解いていきます。その過程で、文章を書み読きするうえでの原則や考え方を身につけることができます。
 
 また、現代文の解答プロセスは感覚的なものではなく、論理的に行う必要があります。なぜ選択肢(ア)が正解なのか、なぜ選択肢(イ)ではダメなのか、根拠を持って選べなければ得点は安定しません。よって、現代文を学ぶ中で論理的思考力も養うことができると言えます。
 

(4)その他(日本史・世界史など):教養を高められる

 このへんは各自の興味次第ですが、私の場合は大学受験で社会・理科をやらなかったので、今になってこういった話を聞くのは楽しいです。先日ある診断士が言っていてなるほどと思ったのですが「教養があると文章を書くうえで表現力が高ま」ります。たとえば「覚悟を決めて重大な決断をした」という一文を「ルビコンを渡った」と表現できるわけです(あまり教養をひけらかすような文章もイヤミですが)。



また、化学の坂田先生の笑顔で明るい講義は必見です(笑)。



(5)そして、これだけあって月額980円

 これだけのベネフィットがあって、月980円。忙しくて週あたり1時間≒月4時間しか受講できなかったとしても、1時間あたり245円。とても割安です。

というわけで、誰にでもオススメとは言いませんが、上記のようなニーズにヒットする方はぜひご検討ください。

スポンサーサイト

pagetop