September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【502教室キックオフ】「マルチ分割動画」の作成の記録


昨晩の502教室キックオフに参加された方はご覧になったと思いますが、毎年上映している参加者への応援ムービーの中で、今年は「9分割再生」を一部に採り入れてみました。

その動画の内容はネタバレになるので出しませんが、「分割」とはいわゆるこういうやつです。


(ネットで拾ってきた画像です)

あちこちのサイトを参考にしてようやく完成にこぎ着けましたので、その情報の断片をここに集めておきたいと思います。結婚式の余興ムービーなどにも使えると思いますので、ご参考ください(今回は診断士関係者というよりも、その手のムービーを作る必要に迫られている方を想定読者としています)。


【作成手順】

(1)各パートの撮影内容の設計
 ⇒作りたい動画を実現するために、各パートの内容をどうするかを決めます。当然、合成した際に期待どおりの内容になるように考えて設計します。

 ⇒たとえば上の例のように「右のマスの人が、左のマスの人の写真を撮る」のであれば、「左側の人は○秒目に右を向いてピースする」「右側の人は○秒目に左を向いてカメラを構えてボタンを押す」といったことを決めていきます。

 ⇒下図のようにExcelで整理していくと分かりやすいかも知れません。




(2)撮影
 ⇒各パートを撮影します。ビデオカメラがなくても、iPhoneの動画撮影機能なんかでも十分だと思います。


(3)合成・編集

・使ったソフトその1:
 VideoStudio Pro X5 通常版
 ⇒直感的に「動画」「画像」「音声」「字幕」を入れて動画に仕上げていくことができる編集ソフトです。今回初体験でしたが、ネットで使い方を調べていくうちになんとか使えるようになりました。
 
 ⇒価格も1万円程度と、なんとか買える範囲です(しかも30日利用可能の体験版があります)

・基本的な使い方
 こちらにまとめられていますのでご参照ください。

・マルチ分割の手順
 こちらをご覧ください。
 

・使ったソフトその2:
 Windows Live ムービーメーカー
 ⇒各パートを合成したものの、どうしてもタイミングがずれている場合に、苦肉の策として使います。本ソフトはWindowsに標準でインストールされています(ただしスロー編集ができるのはVISTA以降かも。とりあえずWindows7にあることは確認済み)。

 ⇒このソフトによって、動画を部分的に選択して再生速度を上げたり、逆にスローモーションにすることができます。

 ⇒例:「右のマスの人が、左のマスの人の写真を撮る」という演出において、左の人が右を向くのがちょっと早くてタイミングがズレたとします。その場合、左の人が「正面を向いている時間」を少し引き延ばすことができれば解決するわけです。そこで、正面を向いている時間を切り取り、その部分だけをスローにします。



具体的な手順はこちらの動画をご覧ください。
 

以下はとりあえずテキトーに作ってみたサンプルです。



スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop