March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

自分の「居場所」としての502教室


惜しまれつつ、このたび502教室が閉じられることになりました。

502教室にこのブログを登録したことは、人生の中で大きなターニングポイントとなりました。7年ほど前、受験生であったころにたまたま存在を知り、「自分も書いてみるか」とブログを開設。そこから多くの仲間との出会いがひろがっていきました。

それから現在。研究会や塾を主宰したり、様々な仕事を紹介していただいているのは間違いなく502教室のおかげです。キックオフFINALの動画で「人生変わりました」と書きましたが、それは少しも大げさなことではありません。



7年前のキックオフでは栄えある「502教室ブログ・オブ・ザ・イヤー」をいただきました。次年度からは別の企画になりましたので、自慢ですがこれをいただいたのは後にも先にも僕1人です( ̄∀ ̄) 

もっとも、この数年で面白いブログがどんどん出ていますので、最後にもう一度やってみても面白いんじゃないかと思っていますが…




502教室は自分の「居場所」でした。また、「居場所を見つけること」の大切さを教えてくれました。ブログという媒体、そしてそれをつ繋ぐ502教室というポータルサイトの特性が自分に合っていたのだと思いますが、そんなふうに、誰にでも自分を大きく変えられる場所がどこかにあるのだと教えてくれました。

そういえば自分が「居場所」を見つけたのはこれが2度目です。1度目は20歳。最初に入った大学を中退して別の大学に入り直したことです。本当にやりたい勉強にのめり込むことができ、そこも人生の大きな転換点となりました。

そんな体験があるためか、私は「自分の居場所」は積極的に追い求めるべきだ、という立場をとっています。

学業、転職、独立、恋愛、などなど…。今いる場所が「自分の居場所でない」と思うのなら、新しい居場所の候補を見つけたのなら、そして、それが1人よがりな思い込みでないと判断できるのであれば、勇気を出してそこに飛び込んでみるべきであると考えています。


ちょっと脱線しました。502教室という居場所はなくなってしまいますが、502の記事にもあるようにあくまで「一旦」の閉鎖です。この数年、twitterとかfacebookなど我々が想像し得なかったコミュニケーションの世界がどんどん出てきたように、これから先の数年、十数年とまた違ったコミュニケーションが出てくるはずです。

そして、それに適応する形で、502教室のミームはまた現れてくると思うのです。

【502教室キックオフ】「マルチ分割動画」の作成の記録


昨晩の502教室キックオフに参加された方はご覧になったと思いますが、毎年上映している参加者への応援ムービーの中で、今年は「9分割再生」を一部に採り入れてみました。

その動画の内容はネタバレになるので出しませんが、「分割」とはいわゆるこういうやつです。


(ネットで拾ってきた画像です)

あちこちのサイトを参考にしてようやく完成にこぎ着けましたので、その情報の断片をここに集めておきたいと思います。結婚式の余興ムービーなどにも使えると思いますので、ご参考ください(今回は診断士関係者というよりも、その手のムービーを作る必要に迫られている方を想定読者としています)。


【作成手順】

(1)各パートの撮影内容の設計
 ⇒作りたい動画を実現するために、各パートの内容をどうするかを決めます。当然、合成した際に期待どおりの内容になるように考えて設計します。

 ⇒たとえば上の例のように「右のマスの人が、左のマスの人の写真を撮る」のであれば、「左側の人は○秒目に右を向いてピースする」「右側の人は○秒目に左を向いてカメラを構えてボタンを押す」といったことを決めていきます。

 ⇒下図のようにExcelで整理していくと分かりやすいかも知れません。




(2)撮影
 ⇒各パートを撮影します。ビデオカメラがなくても、iPhoneの動画撮影機能なんかでも十分だと思います。


(3)合成・編集

・使ったソフトその1:
 VideoStudio Pro X5 通常版
 ⇒直感的に「動画」「画像」「音声」「字幕」を入れて動画に仕上げていくことができる編集ソフトです。今回初体験でしたが、ネットで使い方を調べていくうちになんとか使えるようになりました。
 
 ⇒価格も1万円程度と、なんとか買える範囲です(しかも30日利用可能の体験版があります)

・基本的な使い方
 こちらにまとめられていますのでご参照ください。

・マルチ分割の手順
 こちらをご覧ください。
 

・使ったソフトその2:
 Windows Live ムービーメーカー
 ⇒各パートを合成したものの、どうしてもタイミングがずれている場合に、苦肉の策として使います。本ソフトはWindowsに標準でインストールされています(ただしスロー編集ができるのはVISTA以降かも。とりあえずWindows7にあることは確認済み)。

 ⇒このソフトによって、動画を部分的に選択して再生速度を上げたり、逆にスローモーションにすることができます。

 ⇒例:「右のマスの人が、左のマスの人の写真を撮る」という演出において、左の人が右を向くのがちょっと早くてタイミングがズレたとします。その場合、左の人が「正面を向いている時間」を少し引き延ばすことができれば解決するわけです。そこで、正面を向いている時間を切り取り、その部分だけをスローにします。



具体的な手順はこちらの動画をご覧ください。
 

以下はとりあえずテキトーに作ってみたサンプルです。



502キックオフ・ムービー作成記


昨日、(たしか)7回目の502教室キックオフが開催されました。ご参加されたみなさま、ありがとうございました&おつかれさまでした。

僕は今年も運営スタッフ(5年目!)の1人として参加。昨年度まではオレユニさんが担当されていたムービーですが、今回はバトンタッチということで今回はReiパパさんと一緒に担当いたしました。


とはいうものの、毎年オレユニさんが書かれる「感動のシナリオ」に匹敵するものを作ることはできないと思ったので、どうしようか迷ったあげく、ここは受験生の方の生の声をそのまま使ってしまおう!と思いたちました。今年はtwitterでの交流が活発になった年でもありましたし、試験本番当日や合格発表のときのtwitterやブログからリアルな叫びをいただくのがいいんじゃないかと考えたわけです。

一方で、Reiパパさんが「この曲を使いたい」と、ある曲を指定してくださいました(来週、とある場所でもムービーをお披露目するらしいのでここでは曲目は伏せておきます)。「三本締め」も知らないほど一般常識に欠ける(笑)自分なので、当然その曲のことは知りませんでしたが、歌詞がこの会にすごくマッチしており、好きな曲の1つになりました。また、Reiパパさんがその歌詞をふまえて、受験生へのエールとなるメッセージを作ってくださいました。

ちなみに、動画の冒頭(↓)はおなじみのリバティです。死にそうなほどに寒い日の朝に凍えながら2人で撮影したのもよい思い出です(笑)。試験本番当日に会場に乗り込むときの緊張感が伝わっていればと思います。




参加者の方には事前にメールで募集させていただきましたが、メッセージおよび写真をお送りくださったみなさま、どうもありがとうございました。

来年はどんなムービーになるか分かりませんが、やはり「受験生の生の声」は心に訴えるものがあるので採り入れたいなーと思いますので、ぜひ今後もtwitterやブログで思いを叫んでいってください。キックオフの運営スタッフが収集させていただくかも知れません(笑)。

【参考】過去の502教室キックオフの様子


502教室において今年度のキックオフの詳細が発表されたので、ここでは過去のキックオフの様子を一部お見せしたいと思います。はじめての参加で「どんなノリかな?」と思われている方はご参考にどうぞぅ。

ちなみに、私は刑期任期4年目の運営スタッフでございます。



会場への誘導係(左が自分)。


これだけの人が集まってます。


2次試験の合格者には全員にこのように金メダルが授与されます。


感動の、合格者代表スピーチ(熱血さん)。


スーパー司会ブラザーズのきんぜうさん&ABAさん。お2人ともプロの講師だけあって毎年絶品のトークです。


(できる限り)全員で記念撮影。もちろん2次会も用意していますよ。

こんな感じで毎年アツい繋がりが生まれます。


昨年は70名のキャパにしたのですが、締め切り日までに全員埋まってしまい、申し訳ないながら参加できなかった方もいらしたようです。また後日、募集案内が出ると思いますので、Don't miss the chance!! でお願いいたしますm(_ _)m

初めての方も、オヒトリサマも、なんとかなると思いますので(笑)ぜひご参加くださいませ。







「南の島の会計士に会ってきた」


先日紹介した「南の島のたったひとりの会計士」。

実は著者の屋宮さんは、嬉しいことに、受験生時代から僕のブログと「受験生最後の日」も読んでいてくださったんですね〜。

南の島のたったひとりの会計士 中小企業診断士2次試験 受験生最後の日 3つのドキュメント〈2008年版〉

で、一度お会いしましょうという話になり、都内の某イタリアンにて会食。

お洒落なレストランに緊張する不慣れな俺。お、おちつつけけ、じ、自分。


非常にインテンシブな2時間。受験の話、診断士の話、会計士&税理士の話、仕事の話、お互いの著書の話、母校の話(たまたま同じ学校)、奄美の話、ブログ&502教室の話、そして、マラソンの話。

あ、いつの間にすごい量の話してたんだな。
すごーく楽しかったです。

特にマラソンについては、いくつもの貴重なアドバイスをいただきました。最近、身の回りに「走り屋」の先輩方が多くて嬉しい感じです。こういうナイスな出会いがあるから、ネットというかブログというか502教室という存在はすごいとつくづく思います。

今度は奄美に行きたい。
東京にいるせいで長らく見ることのできていない、満天を見たい。

決めた。3月に休みを取って、奄美に行くぞ。
1日休みを取れれば2泊3日で行ける。ボスに直訴だぁ。




夜は502教室キックオフ準備メンバーによる慰労会。


奥に見えるのはナンシーの鎖骨。



FSP宣言 1/25


…というのはまったくのウソで m(_ _)m 診連携がらみで今の今まで飲んでました。久しぶりにオールしちまったぃ。


ちなみに診連携というのは、2006年度受験のブロガーが中心となって作られたユルくて激しいネットワークのことです。私も時々顔を出しています。(いろんな意味で)すごいよー、この面々は。


今回は、福井の経営参謀ことtakeoさんと1年ぶりにご対面。同じ2代目の立場として、すでに先行して活動されているtakeoさんから、いろいろと参考になるお話を伺う。

↓左は、takeoさんからいただいた、お土産の「おばまん」。



右側は4次会の白木屋にて注文した、
罰ゲーム用ドリンク「DEATH(デス)トマト」


あるゲームを何セットかやって、敗者に一口ずつ飲んでもらうことになったのだけど、ゲームの内容が著しくアンフェアで、結局ボクが半分近く負けるように進行されておりました。ええ、ちゃんと半分飲みましたとも。下の方にすんごい辛いのが(ハバネロ?)沈殿してるの。喉や胃の中が燃焼してるのが分かるの orz


というわけで、とってもホスピタリティ(笑)な一晩でした。

「モデルとしての1階」


ふいー。ペパセミの教材作りに没頭中。
気がついたら半日とか平気で経ってる。

大晦日からこの3日間でパワポ150枚近く作りました。その甲斐あってなんとかゴールが見えてきております。

なんか今日はブログ書けそうにないので、以前書いたまま投稿していなかったエントリーを載っけておきます。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

502キックオフでkuro兄と話していたことを書いてみたいと思う。
(2次会は○○トークだけじゃなかったよってことを証明するために…)


とは言うものの、以下、あくまで僕の個人的な意見です。


受験生が中心のサイトである502教室に「診断士ブログ」のコーナー(通称「1階」)がある理由。それは「先輩診断士の活躍を見てもらうことで受験生のモチベーションアップに寄与すること」なんだと思う。502教室のコンセプトがもともと「受験生のモチベーションアップ」だしね。


最近お知り合いになった「まつ兄」がオフ会で話されていたことだけど、診断士になった人は、その一挙手一投足が「診断士」とのしての評価につながる(ブログにも書かれていますね)。合格した瞬間、もはや「○○さん」という個人ではなく「診断士の○○さん」というラベルが貼られる。


ということは、素晴らしい行動をすれば「さすが診断士だ」と言われるし、イマイチなことをすれば「診断士のくせに」とか「診断士ってその程度?」と言われてしまう。診断士は診断士を名乗る限り、そのプレッシャーから逃れることはできない。


「診断士はこうあるべきだ」というビジョンは、100人が100様に持っている。そして、その姿をはみ出した(と判断された)診断士がいたときには批判の対象にされることがある。

その内容について「そのとおりだ」と思うこともあれば、「いーじゃん、そのくらいー」と思うこともある。それは理想の診断士像が100人100様である以上、仕方がないことだと思う。僕も僕なりに診断士像は持っているし、どうしても個人差は生じる。

特に、ブログを書いて日々の活動や主張を明らかにしていると、多くの方とコミュニケーションができる分、より多くの人に注目されるわけで、下手なこと書けないなと思ってしまう(といいつつ書くけど)


そういうプレッシャーにもかかわらず、多くの診断士が1階に登録されている。最近、「1階のレベルってすごい高いなあ」と思う。全員が診断士という共通項を持ちながら、kuro兄やhori兄をはじめ多くの方が各自のカラーで活躍の姿を見せている。最近ではKEN46のお2人も1階に登録されてますます充実してきている。

自分も影響を受けるし、これだけいれば、受験生の方が「こんな診断士になりたい」と思えるモデルを見つけてもらえるんじゃないかと思う。


そして自分も、これからも自分の持ち味で情報を発信していきたいと思う。多少は診断士らしいところを見せ、受験生のモチベーションアップに貢献できるようにね。

「その他・昨日のできごと集」


内輪ネタだらけですみませんが…、分かる人は笑ってください。


【1次会】
・NOAさんの名刺にドン引き、いや、萌え。個人的に白衣&メガネは反則だと思った。

・著書にサインは求められるかもとは思っていたけど、まさか毛筆で書かされるとは予想せず。すんません、字は絶望的にド下手です。

(偶然3連発シリーズ)
・合格者に、下の名前が自分と同じだった人がいた。話していると、父親の名前も同じと発覚。ちょっと運命感じた。男だけど。
・自分がお誘いしたK氏。前の会社が、オレユニさんと同じだったことが発覚。
・oratakiさんと初対面。自分の前の会社が、微妙にoratakiさんと関係があることが発覚。

・立て続けに2人の方から、あるオファーをいただく。仕事のオファーじゃないけど、うん、仕事よりも魅力的♪

・netpl○sさんに一言、「空気読め!」(笑)


【2次会】
・Dぴょんさんが「takeshiさんに会いに関西に行きたい」とのこと。関西遠征、ふたたび勃発か!?

・Dぴょんさんに、合格祝いとして502教室の「ある秘密」を暴露してあげた。「信じられない…」という顔をするDぴょん氏。ふっふっふ、悲しいけど、これって現実なのよね。


【3次会】
・kuro兄、shiba兄、madmaxさんと池袋へ。既婚者トリオだけあって、ちょっと大人な雰囲気でまったり飲み。

・kuro兄から耳寄りな情報をGET。キーワードは「エ○○ン」。今後「ちちぶ」にぜひ行きたいと思います!

・もう一つのキーワードは「ペパ○○ル」…いやあぁぁぁ orz


【おまけ】
・ペパ名刺↓ 「おぉ、透明なんてカッコイイ!」というお言葉を多数頂いた。デザイン性もだけど、水に濡れても破れない、汚れにくいといった点が大きなメリットかも。
でもまあ、やっぱりNOAさんの名刺が一番インパクトあったな(笑)。

お渡しできなかった方はすみません。次の機会にお渡ししますんで、お声掛けください。



最後に。Special Thanks To KEN46! ということで。

「キックオフスタッフをやる理由」


ペパ@3次会帰り です。

502キックオフ、いかがでしたでしょうか?


・なんといっても、診断士ユニット「KEN46」による生演奏
・自己紹介ゲームと、まさかの事例別(笑)プレゼント
・毎年恒例の感動!オレユニムービー


などなど、キックオフスタッフ全員でアイディアを出し合い(会場下見 兼 打ち合わせが1回と、スタッフ用メーリングリストでのこの1ヶ月間のやりとりは120通以上になります)、本日なんとか無事に終えることができました。


ちなみに僕の用意したプロジェクター用画面は、「ピンク色だなんて、さすがペパチェはエロい」という、想定外のご指摘をいただいたので、来年は違う色にしようと思います。ああ、してやるとも(怒)。


2次会はDぴょんさんと実務補習トークをしていたところ、kuro兄hori兄の例の悪のツートップから呼び出しがかかる。

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブルな俺。不気味な薄笑いを浮かべて手招きする2人。


【hori兄】【ペパ】【kuro兄】


という、逃げ場のないオセロ状態。両側の黒にはさまれて、白かった自分まで黒に染まる。徹底的にいじくりまわされる。こねくりまわされる。しかもその上、hori兄の締めのあいさつでは思いっきりダシにされる。この日、ペパチェ株はストップ安を記録した。



…まあ、午後6時から午前1時まで、いろいろな話をさせてもらいましたけれど、感じたのは「自分はいろいろな方に支えられている」ということ。

自分のブログは好き勝手に書いている。あまり人から気に入られようとは思って書いてはいない。ブログを始めた当時は「全国の読者のうち、誰か1人の心にさえ届けばいい、誰か1人のプラスにさえなればいい」と考えていたし、今でもそう思っていたりする。

建設的な異論反論には真摯に耳を傾けるつもりだけれど、礼節を欠いた輩は面倒くさいから斬り捨てる。わがままだとは分かりつつも、不愉快な相手に時間やエネルギーをすり減らすのは嫌。自分の性格からして、このスタイルは止めることはできないように思う。だから、もしそれで炎上したり人が離れていくことがあるとしたら、それはそれで仕方のないことだと思っている。


でも結局、多くの方にかまってもらっている。このブログを手放しで評価してくれる人ももちろん有り難いけど、「しょうがないやつだ」と思いつつも自分に接してくれる人がいることには、感謝を忘れてはいけないのだなと思う。


僕がキックオフスタッフをやっているのは、そういうところに理由があるのかな。
こういったことでしか恩返しができない気がするから。

ちなみにこのスタッフ、一度やったら10年間続けなければいけないというシバリがあります(笑)。やっと3年終わったけど、まだ刑期7年あるなぁ。来年はどんな会になるんだろうなぁ。



おまけ:本日のKEN46の演奏曲から「YELL」

明日の予習のススメ&愛読者プレゼント


ペパちぇ@3日酔いです。

明日はいよいよ、kickoff(=4日酔い確定)。

いろんなブロガーの方に生でお会いできる機会なので、明日行く前には502教室のブログを一通り見て予習しておきましょう♪ 「あー、あのブログの人がこの人なんだー」という感動がありますからね。

…サプライズもあるかも知れませんけど( ̄ー ̄)。自分なんか、「ブログ上のペパチェ」しか知らない方からは相当マジメな奴と思われているようだけれど、実際には(会ったことある方はご存じのとおり)相当のお調子者なので気軽に話しかけていただければと思います。

参加者名簿を見る限り、ブロガーの方は30名近くいらっしゃる予定です。

oratakiさんが「愛読者プレゼント」ということをされていますので、僕も真似事を。「受験生 最後の日」が1冊余分にあるので明日持って行こうと思います。

中小企業診断士2次試験 受験生最後の日 3つのドキュメント〈2008年版〉

来年の2次試験に向けて、大切に読んでくださる方には差し上げたいと思いますので(先着1名)、私のその旨おっしゃってください。

そいでは、明日お会いしましょう!
123>|next>>
pagetop