October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TAC模試・自分の解答晒しage 生産編


次は生産編。☆マークのついた設問は、採点者が「総じて出来が悪かった」と講評された設問である。ボクも試験中はチンプンカンプンで0点になってしまうことの多いタイプの設問だったが、今回は折りよく部分点を拾えた。

今ちょうど、ある演習の解説を読んでいる。「問題本文から離れなければ、仮に思うように解答できなくても大幅は失点は防げるはず」との指摘があり、なるほどぉと思ったが、ここではうまくそれができたのだと思う。どのような苦し紛れの解答で本文にくらいついたのかを感じとっていただければと思います。


【第1問】(32/50点)
(設問1) C社の強み

「迅速な段取り替えの実現など、多品種を適切なコストで生産できる生産体制。」(5点)
「個性重視の消費者に対応できるデザイン技術力や安全志向の高まりに対応できる開発力」(3点)

(設問2) ☆生産管理上の留意点

「需要の予測や納期管理を適切に行うことに留意する。これまでは6ヶ月毎に安定した、変動の少ない状態で計画や生産が行えたが、今後製品の多品種化が進むことで需要の変動や生産プロセスの複雑化が予想されるため。」(4点)

(設問3) 買収先を含む生産体制

「買収先への技術指導を行ったうえで、標準品の生産を担当させる。その上で余力のできたC社工場において特注品の生産を行う。」(12点)

「理由は’禺先の技術力が相対的に低く、より高い技術力を必要とする特注品の生産はC社のほうが適しているため。■端劼硫堝偉呂高く、現状では余力がないため。」(8点)


【第2問】(7/15点) ☆現在の原価管理が経営にもたらす問題

「特注品の受注が増え多品種化することで、現状の1ヶ月単位の原価管理では製品ごとの原価が適切に把握できなくなる。その結果、適切なコストでの生産体制の強みが失われる。」(7点)


【第3問】(12/20点) 入出庫業務の改善策

「クレームの原因は、同じ品目でも製造日が異なると色合いが微妙に異なることがあり、それらを同時に納品しているため。改善策は、補完時に色合いの差のないロット同士をまとめておくこと、生産計画の見直しにより、1日の出荷量に合わせた生産を行うことである。」(12点)


【第4問】(10/15点) Z社に提供すべき情報

「C社が生産可能な、デザインや素材に個性のある壁紙の仕様情報。これに価格や納期、サンプル画像やコーディネートの提案例なども含めて、Z社に提供していく」(10点)
 

TAC模試・自分の解答晒しage マーケ編


はぁはぁ、死の淵から舞い戻ってきました。

風邪による頭痛&のど痛&関節痛&悪寒にのた打ち回っていました。まだまだ自己管理がなっていません。でも「○○は風邪ひかない」の言葉どおり、本当に4〜5年に一度しか風邪ひかないので、本試験ではまず大丈夫でしょう。

突然ですが、TAC模試の返却が相次いでいるみたいなので、自分の解答をさらしてみたいと思いマス。対象は、事例2と3。点数の低かった事例1と、計算主体の事例4はお見送りの方向で。

もしかしたらTACのHPで優秀解答例が公表されるかもしれませんし、そもそもニーズがあるか分かりません。また、0点の恥ずかしい解答もあったりします。が、とりあえずこの程度の内容で60点になるという例として、参考にしていただければ幸いデス。

かなり稚拙な文章なので恥ずかしいのですが…。

では、今日は事例2を。


【第1問】(10/15点) B社の成長要因

「高い品質の製品が、顧客からの高い評価を得てきたこと。」(2点)
「サポートの充実が評価され、B社製品がステイタス化したこと。」(2点)
「B社独自のコンセプトを堅持してきた、強固な経営理念。」(4点)
「丁寧な接客に注力し、長期的な愛用者を増やしていったこと。」(2点)


【第2問】(26/30点)
(設問1) B社が経営危機に陥った理由

「流行時の顧客層が離反し、再購買に繋げられなかったため。購入時に人手不足により丁寧な接客が行えず、商品価値を理解してもらえなかった。そのため固定客化できず、ブームの終わりとともに売上が低下した。」(8点)

「既存の顧客層がβブランドを避けたためである。多くの若い女性が所有したことにより大衆的なイメージが定着し、これまでの良質な高級ブランドとしてのイメージが崩れ、鞄にこだわりを持つ顧客層が離反した。」(12点)

(設問2) B社がβブランドの使用を取りやめた理由

「大衆的なブランドイメージを取り払い、こだわりのあるかつての顧客層を呼び戻すため。」(6点)


【第3問】(16/25点)
(設問1) 個別オーダー製品の販売を本格的に導入する理由

「高付加価値の商品の提供による、さらなる売上の向上。」(5点)
「個別対応により顧客満足度を高め、固定客を更に増やすこと。」(2点)
「オーダー時のやりとりを通してニーズの変化を把握すること。」(2点)

(設問2) パターンオーダーの仕組みを構築した理由

「個別オーダーの付加価値を残しつつ、現状の生産体制の制約の中での短納期や販売数量の増加を図るため。また、それにより新規顧客の固定客化を図るため。」(7点)


【第4問】(0/20点)orz ブランド戦略におけるアドバイス

「ターゲットに適したメディア露出を行うことに留意する。理由は、かつて主要顧客層に合わない雑誌で紹介されたことで若い女性の間で流行し、ブランドイメージが崩れたため。また、商品価値を理解させ、固定客を獲得するために丁寧な接客を行うことに留意する。」(0点)


【第5問】(7/10点) 顧客との継続的な接触手段とそのタイミング

「購入時に顧客基本属性情報を把握し、DMなどによる商品案内や情報提供を行う。」(2点)
「メンテナンスや修理の依頼時。個別オーダーにおけるやりとりの時。結婚などの節目需要。」(5点)


【おまけ】
・第5問は「スモールビジネスマーケティング」(P134)を参考に出題しているようです。



明日は事例3、行きます。

模試結果シリーズその4・TAC


えーと業務連絡。masanaga君、誕生日おめでとう。

最後はTAC模試の結果。


 組織事例 53点(329/2025)
マーケ事例 59点( 72/2026)
 生産事例 61点( 94/2026)
 財務事例 67点(138/2019)

合計  240点( 31/2030)  上位 1.5%


…え? A判定? うそ。

正直、あまり実感がない。

まんちんど…じゃなかった、M先生は「まぐれの70点よりも、狙って取った50点のほうがいい」との名言を残されたが、今回はあまり狙って取った感じではない。自己採点ではもっと低いと思っていた。そういう意味では、まだまだ不安定さが残っていると思う。

それに、いまだに組織事例の過去問を読んで「経営管理? 留意点?」とチンプンカンプンになっていて、こんなんで合格できるわけないだろって思っているし、どうも「疑惑の判定」っぽい。

…これ、見なかったことにしよう。

そもそも1カ月前の結果だし、模試と本番の相関ないし。

◇ ◇ ◇

…ここで、「鉄人度判定」をすることにする。

いろいろと他社模試を受けてきたけど、模試を受けるにあたっては、M先生から次のようにアドバイスを受けていた。

「他社模試を受けるなら、ローリスク解答で5割取れるかどうかを試すのがいい。高順位を狙う必要はない」と。

どんな学校のどんな事例問題であれ、無難に対応できるようであれば「事例の鉄人」を名乗れるだろう。で、ボクがどれほど鉄人になれているかというと、これがあまりよろしくない。

先日アップした結果を見ていただいて分かるように、幸いにして相対順位では大崩れしていないが、LECのマーケ事例をはじめとして、設問単位で大崩れしているところがある。誰もが解けないような設問はしょうがないけど、多くの人が部分点を取れているであろう設問で0点という設問がいくつかある。これが超ヤバイ。

こういうタイプの設問でいかにしがみついて部分点を取るか。
ボクの合否の分かれ目はそこにあると思う。

模試結果シリーズその3・MMC


続いて、MMC第4回。

あちこちで好評のMMCアドバイス付き返却、本当に丁寧で参考になった。模試+採点+約1時間のアドバイスで12600円ってMMCにとってペイするのか心配になってしまうくらいだけど、ありがたく学ばせていただいた。当日は、考え方やテクニックを教わっただけでなく、講師の方との問答の中で、1人では得られない新しい気づきを多く得られたという収穫もあった。これはStrongly Recommend!であります。


 組織事例 62点( 16/199)
マーケ事例 55点(108/199)
 生産事例 58点( 38/199)
 財務事例 68点( 25/199)

合計  243点( 28/199) 上位 14.1%


この模試の目的は、以前書いたとおり「本文を先に読む」解答手順の仮説検証だった。だから、あまり点数は気にしていなかったけど、その割にはなぜか第3回模試の上位47%よりも大幅に成長していてあら不思議。


考察その1。その「本文を先に読む」大作戦だが、けっこう功を奏していると思う。科目によって向き不向きはあるけど、これを始めてからの演習はかなり先入観をシャットアウトできている気がする。


考察その2。「大幅に成長」といっても、特に何かをやったという実感はない。何をやったかと言えば、第3回の模範解答や結果、いただいたアドバイスなどを見て、MMCの望む解答の書き方というのがある程度把握できた気がするので、それを意識して解答したら成績上がっちゃいましたって感じ。

返却された当初は、初の合格ライン越えをうれしく思ったが、もしかしたらMMCのスタイルに器用に対応しただけじゃないだろうかという気もしている。あとは、少しの工夫で順位が跳ね上がるほど、受験生の実力が拮抗しているんだろうなぁとも思う。


そして、

「ペパチェの奴、やるじゃねーか」と思われた諸兄。大丈夫。

今、次々と返却されてるTACの事例演習がメラメラと大・炎・上してるから。

どういうわけか30点とか40点とかなってて、もーシャレになっていない。なんかTACの演習、受けるたびに点数落ちてくんですけど。しかも、ただいま入りました速報によりますと、財務事例が計算ミスの連発で28点。

なにこれ? なんかの呪いデスか? orz


そして明日は最終回、ホームのTAC模試結果デス。
はたしてこちらも大炎上してしまうのか? 乞うご期待。

「弱みがない」ことの「強み」


経験のある方もいらっしゃるかも知れないが、「各科目の順位はそれほど高くないのに、なぜか総合では高い順位になった」ということがある。たとえばどの科目も上位30%なのに、総合では上位20%に入りました、みたいな。

これはやはり科目の得意&不得意の差が大きい人が多いということを示しているのかなと思う。組織事例でトップだったのに、他が弱いから総合的には低迷してしまった、みたいな。

そんなわけで、2次試験ということに関しては「弱みがない」ことが強みなのかも、と思うようになってきた。このあたり、中小企業の戦略が差別化だとかニッチだとか、「強みを伸ばして一点突破!」というパターンが多いことと対照的である。

でも、やはり2次対策上は強みを伸ばすよりは弱みを克服するほうがラク(なことが多い)と思うし、弱みがなくなれば足切りも回避しやすくなるという利点があるし。

でも、「じゃあ、ボクは生産事例を克服しまーす」となるかというと、そこでまたちょっと壁にぶつかる。

ボクの苦手な科目ってなんだろう? 生産? 組織?

これまでの演習なんかの成績を見ると、「どの科目の得点が低い」と言いきれない。たとえばLEC模試ではマーケが9点だったけど、TACの演習ではマーケは悪くなかったりする。受けたタイミングによって科目の得意不得意がバラバラになっている。

だから、もしかしてそもそも「苦手な科目」という切り口自体おかしいのではないだろうか、と思うに至る。

で、じゃあどんな切り口かというと「苦手な設問パターン」ではないかと思っている。今までハズした設問を科目に関係なくグルーピングすると、苦手なパターンがいくつか出てくる。たとえば、

・キーワードが決め手となる設問
・罠が張ってあって、それに飛びついて思い込みで書くと0点になる設問

など。特に後者は、他の人が部分点でも取ってくるところで0点になると即死する可能性が高いため、本番までに絶対に回避できる準備をしておかなければならない。

このへんの具体的な話はまた今度書きます。ちょっと風邪ひいたかも。やば。

模試結果シリーズその2・LEC


続いて、LEC。

そういえばLEC模試も設問ごとにアドバイスシートがついていたりしていて顧客(受講生)満足度が高いかも。来年はLECに行こうかなぁ。

…っと、なんでそんな弱気モードなのかというと下記参照。


組織  44点(249/658)
マーケ  9点(486/659)
生産  42点( 44/650)
財務  34点( 85/643)

合計  129点(130/642)


( ゚∀゚) アハハハハノヽノヽノ \ / \ / \。

マーケやばすぎ。
「今回はかなりシビアに採点しました」って先生、シビア杉wwwww。


でもその割には総合で上位 20.2%(B判定)ってのも不思議。マーケ事例でどん底に叩き落しておいて、総合判定で優しく接する。もしかして、いま流行りの「ツンデレ」ってやつですか? 嫌いじゃないですよ、ツンデレ。


…アホな話はこれくらいにして、考察。今回は2つの話をしたいと思う。1つは長くなりそうなので後日書きます。で、もう1つというのは「ローリスク解答」について。(今回は、これから診断士の学習を始めようという方にやや向いた話です。)


「新規事業に成功した組織的要因は何か?」と問われて、本文から

.瓮鵐弌爾亮磴
∋業部長のリーダーシップ
社長のバックアップ

というのが浮かんだのだけど、ボクはここで「△鉢は組織的要因ではなくて個人的要因だから却下」と判断した。で、正解は「´↓すべて」だった。 orz

…どうだろう。ボクはいまだに△筬は組織的要因ではなくて個人的要因じゃないかと思っているのだけど。解説を読んでも、うーん自分的には微妙って感じ。

ただ、ここで大切なのは「どっちの考えが正しいか」ということよりも「作問者の考えはどっちか」ということ。そして、作問者の考えなど分かるワケないのだから、無難に「疑わしきは盛り込む」しかないということになる。すなわち、TACでおなじみの「ローリスク解答」である。


…うーん、ずっと学んできたはずのメソッドが使いこなせていない。これがなかなかショック。いまだにTACの演習でも盛り込み忘れることがあるし。


だけど、この「盛り込むか否か」というのはスキルの問題というよりは意識の問題だと思う。設問ごとに「ここはローリスク対応するべきじゃないのか?」ということを自問自答するチェックポイントを設け、可能性が少しでもあれば盛り込みを行っていく、という手順を踏むしかない。


TACのまとめテキストに書いてあった。「合否を決定付けるのは『力の量』ではなくて『力の使い方』」。今の自分には強く心に突き刺さる言葉なのであります。


明日は、MMC模試結果!

模試結果シリーズその1・TBC


今週は3本の模試結果が到着予定。
なので、ここ数日に渡って、その結果と考察を書いていく。

ちなみに、考察のコンセプトは "Be Positive!"
結果が悪くても自己嫌悪的なグチをもらしているだけでは読者の方に申し訳ないので、「では次にどうすればよいのか」という視点を忘れずに書いていきたいと思う。

でも、心の中ではちゃんと落ち込んでいるので、「こいつ前向きだな〜」などと過剰な評価はしないように(笑)。


まずは、とっくに返却されていたにもかかわらず、ほったらかしだったTBC。


 組織事例:31点(153位/342人中)
マーケ事例:36点( 22位/340人中)
 生産事例:42点(116位/337人中)
 財務事例:45点(164位/336人中)

  総合:154点(92位/343人中) 上位26.8%


うん、他流試合にしてはまあまあ。でもそれはあくまで相対順位の話であって、いつものことながらプレー内容にはいろいろ課題が残る。たとえば、先日書いたような「キーワード想起不足」がいくつかある。模範解答にはなかなかいいキーワードがいくつもあるので、きちんと蓄積して引っ張り出せるようにしておきたい。


また、この模試はかなりの知識量を問われているようで、知らないと手が出しようがない問題が多かったと思う。ただ、「出題範囲にMOTが追加されたのだから、組織事例で研究開発型企業の内容が問われてもおかしくない」など、たしかに筋の通った指摘がいくつかあり、きちんと復習しておきたいと思わせる問題がいくつかあった。一例として、


・研究開発型企業における組織編成(機能別、プロジェクト型、マトリックス)
・研究開発型企業におけるナレッジマネジメント
・特許戦略
・ブランドの機能(保証、差別化、想起)
・スクリーニングなど商品開発のプロセス。
・高齢熟練技能者の技能の承継(再雇用、OJT、IT化/マニュアル化)


など、この辺で何か問われてもそれなりに論述できるようにしておきたいと思う。


明日は、LEC模試の予定!

音を静かにしろ


昨日のエントリの"Hard to say I'm sorry"を書いていて思い出した、子供の頃の記憶。中学生になりたてで英語習いたてのころ。


(部屋で自分と父。洋楽を聴いている)

俺「お父さん、この"Hard to say I'm sorry"ってどういう意味?」

父「うーん、『一生懸命にごめんなさいと言う』じゃないかなぁ」


…どういう歌だ。


俺「じゃあ、この(サイモン&ガーファンクルの)"Sound of Silence"はどういう意味?」

父「んー、『音を静かにしろ』だよ、きっと」


…単語を頭から順に訳せばいいってもんじゃないぞ、父よ。


自分が英語苦手なワケが分かった気がする。間違いなく遺伝だ。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

明日はMMC模試。点数云々よりも、自分の考えた「ある手法」が通用するかどうか、試してみたくて申し込んだ。うまくいったらここで公開してみようと思います。

MMC模試結果と今後の学習についての考察


MMCの模試結果が返ってきた。

53位/113人中 …言うまでもなく、低い。

けれど、得点分布を見ていて、あと17点取れば上位20%に入れるんじゃんということに気づく。そう、かなり狭いレンジに受験生が集中しているのだ。組織事例にいたっては、1位と最下位の得点差がわずか25点。TACの演習ではありえない値である。

ともかく、各事例あと4点取れば、それなりの順位には入れるということになる。それがまた難しいのだろうけど…。不思議に思ったのが、「模範解答と全然違う解答を書いたのに△をもらっている」ことが多いということ。TAC演習では模範解答とずれた時点で点数の見込みはほぼなくなるけど、こちらでは内容に妥当性があれば点数は来るということなのだろうか。

また、解説には「…分かりやすい解答であるかどうかで、同じ内容の解答でもかなりの得点差となってくる…」とある。これまた「内容さえ合ってればOK」というスタイルでやってきたボクにはビックリな記述だ。実際、添削でも書き方や切り口に関する指摘をされている。


…こうしてみると、両者のいいとこ取りで、「TAC演習で内容を的確に把握するトレーニングを行い、MMC模試で書き方や切り口の表現のトレーニングを行う」なんていう学習の方向性がいいのかなあと思う。ボクも、takeshiさんと同じで写経はめんどくさいと思っていたけど、MMCの模範解答を写経する、というのはアリかもという気がしている。

また、上記にやや関連するけど、他流試合ということもあってか、設問要求を把握しにくいのはMMCだったと思う。だからこそ模範解答どおりでなくても点数がくるのだろうけど(逆に言えばTACは設問要求が相対的に見極めやすい反面、そこからずれたら即死という感じ)、そういう「曖昧な問題にぶつかったときにどう対応するか」というトレーニングができるという点で他社模試は役に立つと思う。

それにしても、同じ診断士試験なのに、学校によってこれほどまでにその試験に対する見方、捉え方が違うのだなぁ。いくつかの学校の模試なんかを見てきて、しみじみそう思います。
1
pagetop