June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「本を出したいなら10年、蓄積せよ」と大手出版社の売れっ子編集者は言った

5,6年前に、よくある「書籍の出版を目指そう」的なセミナーに出た時の話。

小学館だったか講談社だったかダイヤモンド社だったか、まあそのあたりの大手出版社のスーパー編集者(10万部単位のベストセラーをいくつも出している方)がゲストに来ていました。

そこでタイトルの「10年蓄積せよ」の発言があったわけです。数万部レベルのヒット作なら「まぐれ」もあるけれど、10万部を超えている書籍には、共通して著者の長年の経験からくる「厚み」があるんだと。



たしかに、一部(宣伝に頼ったものとか)を除いて10万部を超えている本は、中身が濃いというか、著者がその分野で積んできた経験、蓄えてきた血肉を感じるものが多い気がします。

たとえば、ちょうど手元にある、「仮説思考」(内田和成氏)は、たしか何十万部か売れたと思いますが、本のどこをどう切り取っても、理論や事例の中に、著者が戦略コンサルタントとして仮説思考とともに長年切った張ったしてきた迫力を感じます。変にヒネったタイトルの書籍が多い中、わずか4文字のシンプルなタイトルに、ある種の「凄み」すら感じます。


それに比べると、自分の原稿はどうでしょうか。今冬に仕事術系の本を出版することになったのですが、その原稿を書いていて、自分が生きてきた人生の「薄さ」をしみじみと感じております。

本を1冊書くということは、200ページの中に自分の全身全霊を叩き込む行為であり、調子のよいも悪いも、数万におよぶ文字の中では平均化されます。本1冊には、ごまかしようのない「自分」がありのままに出ます。数ページのコラムやブログなら起こりうる「今回は調子が悪かった」という言い訳が、ここではできません。

もちろん「仮説思考」みたいな名著と張り合うつもりもなく、10万部売りたいなどと夢を見ているわけではありませんが、せめて内容だけは「5万部、10万部売れてもおかしくないレベル」を目指したいと考えています。

しかし、「10年の蓄積」と言えるようなものが書けているかどうか。コンサルタントとしては10年以上仕事をしているので、それなりのネタは溜め込んでいるものの、必ずしも濃厚な時間を過ごしてきたわけではなく、ところどころで怠けたり逃げたりしていたなあと。そして、その怠け分のしわ寄せが今になって出てきているなあと思うのです。

全体の半分くらいの原稿を書き終わり、現時点で少なくとも読んでくださった方の「本の代金+読むのに費す時間」を無駄にさせるものにはならないだろうとは自負しているものの、10万部クラスの著者であれば溢れるくらいに持っているのであろう引き出しが、自分の中では枯渇し始めているのを感じております。

あとは、乾いたぞうきんを絞るがごとく自分の経験をさらにほじくり返してエピソードやノウハウを見つけるなり、4か月ほど残された執筆&修正期間と並行してやっているコンサル実務の中で経験を積むなり、(ちょっとずるいですが)研究会メンバーの知恵を借りてネタをいただくなりして、自分を見つけてくださった編集者、そして、発売後に読んでくださる失望させない本に仕上げたいと思います。


そして、次の10年は、もし10年後にまた本を書く機会をいただいたとしても「溢れる引き出し」をもって臨めるように、厚みのある仕事と生活を生きなきゃいけないなと思うのです。
 

「世界最高のプレゼンテーション」を紹介します@Slideshare


スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」という本を読んでいたところ、参考リンクとして「Slideshareのコンテスト入選作品のページ」が挙げられていました。

Slideshareは文字通りパワポなどのスライドを共有するサイトとして有名です。そこで毎年、特に優れたスライドを表彰しているようです。

最新のものとして2010年度の大賞受賞作を見つけたので(なぜか2012や2011年は発見できず)紹介します。

喫煙者には厳しい内容かも知れませんが(笑)。






「プレゼンテーションzen」スタイルの、シンプルかつ力強い(というかちょっと怖い)プレゼンですね。


なお、このプレゼンを作成したのはハワイにあるプレゼンデザイン会社のようです。他の作品もすばらしいのでぜひ見てみてください。





2位は「YOU SUCK AT POWERPOINT!」。日本語に翻訳したもの(「しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな!」)が以前話題になりましたので紹介しておきます。




3位は「Social Media for Business」。これもいいセンスしてます。っていうか、真似しようにもいろいろ無理(絵心のなさとか)。






その他入賞作品はこちらの記事から。





2009年を見てみましょう。⇒紹介記事

1位は「Healthcare napkins」。アメリカの医療行政について説明。「Zen」スタイルというよりは手書きのイラストがユーモラスなプレゼンです。






2008年。⇒紹介記事


1位は「Thirst」。水資源問題についてのプレゼン。青色を基調としたZenスタイルの正統派です。






2位の「Foot Notes」。プレゼンというよりも写真集に誓いかも。ほぼ全編、同じ構図で各国の地面を撮り続けるというコンセプトが独創的。






その他注目作品。「Tip on how to pitch」(投資家向けプレゼンの作り方)。鉛筆手書き風の文字やイラストが、メチャクチャセンスあります。





以上、スライドデザインのうえで非常に勉強になると思います。
ご参考いただければ幸いです。

提案書や報告書の価値を激しく高める"STRIEM"フレームワーク


前々回の記事で「メッセージ化」という話をしました。

たとえば下記のように見出しを「利益率減少の原因について」とすると、そのページで言いたいことが伝わりません。なので(「B」のように)利益率減少の原因は○○だ、と簡潔に示すわけです。





ただ、一口にメッセージ化しましょうといっても、その内容は千差万別であり、どう考えればよいのか見当がつかないという方もいらっしゃると思います。なので、ここではいくつかのサンプルとともにそれらを抽象化した「パターン」を紹介したいと思います。


<パターンの一覧>

■提案(Should)

■発見(Finding)
 (1)傾向(Trend)
 (2)関係(Relationship)
 (3)重要(Important)
 (4)要素列挙(Elements)
 (5)不整合(Mismatch)

並べると"STRIEM"となりますので(←強引)、「ストリーム」とでも覚えておいてください。ただし、この1+5パターンですべてを網羅しているわけではなく、探せば他にもパターンは出てくると思います。なにか見つかったらぜひ教えてください。


<各パターンの説明>

■提案(Should)
 「収益回復のために御社は今後、休眠顧客の掘り起こしに注力すべきである」といったように、新しい行動や変化を促すパターンです。こういった提案をするにあたっては当然、その「根拠」(なぜそうすべきなのか)が問われるので、さらに以下のようなパターンを用いて示します。

■発見(Finding)
 情報を整理したり分析した結果、なにかしらの「発見」があったことを示すパターンです。以下のようなものが考えられます。

(1)傾向(Trend)
 ⇒時系列などでの変化の方向性を指摘するパターンです。たとえば折れ線グラフを使い「市場規模は年々増加している」という場合など。ただ、多くの場合傾向についてはグラフを見れば分かることなのでメッセージとしてはあまり大きな価値はありません。通常は「増加しているから参入を検討すべきである」とするなど、一歩踏み込んだメッセージにすることが多いようです。




(2)関係(Relationship)
 ⇒2つ以上の要素のつながりを指摘するパターンです。たとえば「社員教育にかける時間が多い企業ほど、顧客満足度が高くなる」など。もちろん、意外性のある結びつきであればあるほど、そのメッセージの価値は高くなります。

(3)重要(Important)
 ⇒複数の要素のうち、優先度や重要度が高いものを指摘するパターンです。たとえば「○○部品においては(品質や価格よりも)納期の短さが受注要因として大きい」など。何を優先すべきかとか意識すべきかを示します。

(4)要素列挙(Elements)
 ⇒あるカタマリを分解した場合の要素がどうなるかを示すパターンです。たとえば「新規ビジネスを成功させるためには以下の3つを意識すること求められる」など。なお、この記事も"STRIEM"というフレームワークを示しており、このパターンと言えます。

(5)不整合(Mismatch)
 ⇒2つ以上の要素がかみあっていないことを指摘するパターンです。たとえば「御社では現在採用している事業戦略に見合った組織を設計できていない」、「○○事業は成長性に見合った投資ができていない」など。企業の問題点やその原因を指摘する際に使われるパターンです。



というわけで、1+5の6パターンを挙げてみました。前述したように、まだパターンは考えられると思います。ただ、いずれにしてもそのメッセージに「価値」があることが大切です。

具体的には、読み手を「なるほど」と気づきを与えたり、納得させたりするもの。あるいは議論が活性化するもの。たとえば「○○事業は成長性に見合った投資ができていない」というメッセージを出したら、ある参加者は「いや、自分は〜〜という理由で今後の成長は鈍ると思う。だから投資は増やさなくてよい」と反論するかも知れません。ただ、いずれにしても、議論が盛り上がり、合意に一歩近づいていくわけです。

逆に、言いたいことが伝わらないドキュメントでは「だから?」「それがどうしたの?」と言われるだけです。それは価値あるドキュメントとは言えません。

提案書や報告書を書く際には、各ページにおいて上記のような価値あるメッセージが書けているか、確認しながら取り組んでみてください。

列挙をするときは「順番」に気を配る。


人の書いた文章を読んでいて、ときどき気になることがあります。それが「複数の要素を列挙するときの順番」です。

たとえば、下記の文を考えてみてください。

「私が好きな季節は秋と夏です。」

たいていの人は「春夏秋冬」という順番で季節を認識していますので、「秋と夏」と言われると一瞬違和感を覚えるはずです。読み手は無意識に「秋⇒夏という順に好きなのかな」などと考えてしまったりします。

もしそうであれば、「私が好きな季節は、秋と夏の順です。」などとすべきです。もしどちらも同じくらい好きなのであれば、「夏⇒秋」という直感的な順番にしたほうが読み手はムダなひっかかりがなくなると思います。

こういうふうに、文章において複数の要素を列挙する際には「どういう法則で並べるのか」を意識する必要があります。「秋と夏」であろうと「夏と秋」であろうと内容は同じはずなのですが、順番を意識することで受け止められ方は微妙に異なってきます。

(外資系コンサルタントであれば「この順番に意図はあるの?」と高い確率で聞いてきますね(笑))


どのような順番で並べるかですが、よく使うのは「時系列」ですね(「春夏秋冬」もその1つと言えます)。

また、次の例も同様です。

「弊社では製造、研究開発、販売、流通などのコンサルティングを行っています。」

これも時系列で並べた方が自然でしょう。

「弊社では研究開発、製造、流通、販売などのコンサルティングを行っています。」


次の例はいかがでしょうか。

「虹の七色は赤、緑、黄、青、藍、橙、紫」です。

頭の中でイメージするとどこか汚いですね(笑)。
ここはグラデーションの順に並べるのが自然だと思います。

「虹の七色は赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」です。


こんなふうに「要素列挙」をする際には、読み手が違和感なく読めるように順番に「意図」を持たせることをオススメいたします。

そう意識することで、読みやすさは変わってくると思います。




"God is in the details"


twitterでの春秋要約を見ていたら、ある方の

「…目標や手段だけで無く…」

という記述が目に入りました。僕はそこで、

「…目標や手段だけでなく…」

のほうが好ましいのではないかと指摘させていただきました。

根拠は以下のとおりです。Yahoo知恵袋なので権威があるかどうか微妙ですが(笑)、いくつかのサイトを見る限りこれが最も的確に説明されていると思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311676238

要は「財布が無い」などのように「存在しない」という意味で使う場合には「無い」ですが、「私は変態ではない」などのように直前の内容を否定する使い方の場合には「ない」とひらがなになるということです。


また、こういう表記もしばしば見かけます。

「日に日に寒くなって来た」
「村上さんと言う方がお見えです」

これも、このようにしたほうがよいと思います。

「日に日に寒くなってきた」
「村上さんという方がお見えです」


1つ1つを細かく解説はできませんが「原則としてひらがな」にしたほうがよい表記がいろいろとあるということです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2352169.html


もっとも診断士試験においてこれくらいで減点されるとは思いませんし、重箱の隅をつつく感もややあります。しかし、「神は細部に宿る」というか、仕事において「少しでもクオリティの高い文章を書こう」と執着したら、少なくとも自分はこういうところには自然と目が行くのです(そして、納得がいくまで徹底的に調べます)。



自分で書いた文章を、できるだけ「他人の目」で推敲する方法


執筆の仕事をする際には、原稿を書いたあとに何度も推敲を重ねているわけですが、その「推敲」という行為にはある大きなジレンマが伴います。

それは、書いた原稿はできるだけ客観的な目でチェックしなければいけないにも関わらず、原稿を読めば読むほどその文章に慣れてきてしまい、客観的な目で見られなくなるというジレンマです。

通常、雑誌や書籍などに書かれた文章は、読者の方にとっては「初見」です。書き手としては何度も読んでもらいたいところですが、たいていは1回読んでそれっきりという「一発勝負」になると思います。だから、推敲は「初見一発目の読者」の立場で行わなければなりません。

しかし、推敲を繰り返すほど、自分で書いた文章に馴染んできてしまい、初見では分かりにくかった部分もなんとなく理解できてしまったりしてきます。その結果、分かりにくい表現が最終稿に残ったままになってしまうのです。


もちろん、チームで執筆をする際には必ずクロス(相互)チェックをしますし、最終的には出版社の編集者の方もチェックをしてくださるわけなのですが、チームではなく単独で執筆をするという機会もありますし、また、編集者の方にもなるべく手を煩わせない、ベストの状態の原稿を提出したほうが信頼関係も築けるというものです。


最近気づいたのですが、原稿は他のフォントやツールに置き換えると、少し新鮮な目で見られるような気がしています。たとえば、普段エディタ(メモ帳など)で書いているのであれば、フォントの種類やサイズを変えてみる。または、パワーポイントやワードなど他のアプリケーションで映してみる。









こういうふうに見た目を変えるだけでも印象は異なってきます。そして、こうした瞬間に、それまで見落としていた原稿の問題点や改善点を発見することが多いように感じるのです(自分だけかも知れませんが…)。


よろしければ、試してみてください。
手書きではできない、ITの時代ならではの推敲方法かも知れませんね( ̄∀ ̄)

続・「パワポ写経」のススメ


以前、「パワーポイントのスキルを上げるための『パワポ写経』のススメ」という記事を書きましたが、その続編的な内容です。

前回は「ナイスなパワポを探して写経しよう」という話を書きましたが、パワポを探すよりももう少しラクでより勉強になる(かもしれない)方法を紹介してみます。


それは「ビジネス雑誌に掲載されている図解」を写経する、というものです。

たとえば日経ビジネスや週刊ダイヤモンドなどは皆さん時々は買われていると思いますが、雑誌を開いてみると、こういった図表があちこちに載っていると思います。それを写経(パワポ上で再現)してみればいいわけです。





数万〜数十万部を発行している雑誌だけあって、デザインや配色のセンスはしっかりしていると思います。こういった雑誌レベルのグラフや図解がアタマの引き出しに入っていたら、ご自身の図解力はかなり向上すると思われます。

せっかくお金を出して雑誌を買ったのですから、ただ読むだけでなく、こうやって骨までしゃぶってしまいましょう( ̄∀ ̄)。


前回も書きましたが、これは「やるか、やらないか」です。地味ですが、取り組めば必ずスキルの上がる方法です(やってみると意外とおもしろいですし)。

いろいろ図解モノの本なんかを読んでみたけど、イマイチ成長が感じられない、という方は、ぜひ何も考えずに取り組んでみてください。力強くオススメいたします。

パワーポイントのスキルを上げるための「パワポ写経」のススメ


パワポスキル(=ナイスなパワポを作るスキル。「プレゼンスキル」というと話し方のスキルの方などに思われそうなので、ここでは「パワポスキル」という言い方をします)を磨くための方法があります。

それは「ナイスなパワポを写経すること」(同じパワポをゼロから作成してみること)です。地味に効きます。

僕はコンサル会社にいたので、パワポスキルについては上司にシゴかれながら身につけてきました。今のスキルには満足しているわけではありませんが、診断士仲間から「パワポ作り上手いね」と言っていただけることがたびたびあり、若いうちにそうやって鍛えてくれた上司がいたことは幸運だったと思っています。

しかし、もしそうやって教えてくれる人がいないという場合には「写経」をするのがよいかも知れません。診断士試験の勉強で読解力や論述力を鍛えるために「問題文の写経」をする方がいらっしゃいますが、それと同じことです。丸写しをしていくなかで、さまざまな気づきが得られます。


【サンプルをどこで見つけるか】

自分の先輩や上司が作ったファイルをお見せできればいいのですが、さすがにそれは無理なので(汗)…個人的には、上場企業のIR資料に、きれいに作られているものが多いなと感じます(自分の会社にお金を出してくれている人に見せるわけだから当然と言えば当然ですが)。

"決算説明会 filetype:pdf"でググると、決算報告用のPDF資料がいろいろと出てきます。

例:
NTTドコモのIR資料

餃子の王将のIR資料




これらの資料もパーフェクトな出来映えというわけではないですが、ところどころ参考になる点はあると思います(←上から目線)。上手い見せ方をしてるなとか、分かりやすいなと思ったページについては、自分で真似して作ってみてください。「ふ〜ん、なるほど〜」と眺めているだけでは、なかなか上達にはつながりません( ̄∀ ̄)。


ナイスなパワポをゼロから作ろうと思っても、そもそも「よいパワポとは何か」のイメージを持っていなければ、どこから手を着ければよいか分からないと思います。ですが、パワポ写経はアタマを使わずにできます(写経する過程でパワポの機能を調べたりとか、そういう意味ではやや使いますが)。

ただ目の前にあるサンプルと同じものを作るというだけです。やる気さえあれば、誰にもできるトレーニング方法です。

与件文の写経トレーニングと同じで「やるか、やらないか」だけです。パワポ上達したい!という方はぜひ1度トライしてみてください。

読みやすい文章を書くための、5つの秘訣


こんばんは、草食系診断士のぺぱぽんです。

今日は、ネットを徘徊していたら「読みやすい文章の秘訣」的なものを見つけたので紹介してみます。


元ネタ:「30分でやる夫達は日本語の文章術を学ぶようです」
http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1129.html


内容自体は素晴らしいのですが、2ちゃんねる絡みのコンテンツであり、このノリというか世界が分からない方には全然分からないと思います。なので、一般の方にも分かるように加筆・修正してみました。

2次試験にも通ずるところがあると思います。以下、どうぞぅ。


【秘訣1.関係のある修飾語と被修飾語を近づけること】

説明する単語の近くに説明される単語を置こう。
関係ない修飾語と被修飾語は離すことも考えよう。

△「Aは笑いながら逃げるBを追いかけた。」
 ⇒笑っているのは、AとBのどっち?

○笑っているのがAの場合
 「逃げるBをAは笑いながら追いかけた。」
○笑っているのがBの場合
 「笑いながら逃げるBをAは追いかけた。」



【秘訣2.長い修飾語を前に、短い修飾語を後に置くこと】

短い修飾語が長い修飾語に混ざらないようにしよう。

例)
△「渋谷君に模試の成績が優秀な神田君は会った」
○「模試の成績が優秀な神田君は渋谷君に会った」

「模試の成績が優秀な神田君」という長いヒトカタマリを、できるだけ前に持ってくる。
短い修飾語を先にもってくると、その次の修飾語と混ざりがちになる。



【秘訣3.短い修飾語を前に置くときに、テン(読点)をうつこと】

△「渋谷君に模試の成績が優秀な神田君は会った」
○「渋谷君に、模試の成績が優秀な神田君は会った」

△「顧客の声を集めるため顧客が電子メールで意見を送れる問い合わせコーナーをHP上に設置する」
○「顧客の声を集めるため、顧客が電子メールで意見を送れる問い合わせコーナーをHP上に設置する」



【秘訣4.長い修飾語のあとに長い文があるとき、間にテン(読点)をうつこと】

△「ジョースター家の宿敵であるDIOの並外れたパワーとスピードを持ったスタンド」
○「ジョースター家の宿敵であるDIOの、並外れたパワーとスピードを持ったスタンド」

△「来店した客の名前や好みを覚えておくなど他店と差別化されたサービスを徹底的に強化するべきである」
○「来店した客の名前や好みを覚えておくなど、他店と差別化されたサービスを徹底的に強化するべきである」



【秘訣5.単語を並べるときは、ナカテンで区切ること】

ナカテンとテン(読点)を役割分担させよう。

△「渋谷君に、神田君、新橋君、上野君が勝負を挑んだ」
○「渋谷君に、神田君・新橋君・上野君が勝負を挑んだ」

「△」のほうは、誰と誰が勝負をしているのか分からない。


△「渋谷君は、経営法務、経済学、企業経営理論、神田君は、中小政策、財務会計、情報システムが得意だ」

↑これも「△」の例はパッと見で分かりにくい。

○「渋谷君は、経営法務・経済学・企業経営理論、神田君は、中小政策・財務会計・情報システムが得意だ」

↑このようにすべき。



以上、ご参考まで。( ̄∀ ̄)

与件文を歩く


最近、こんな秘密兵器を購入した。

GPSの機能で、(屋外なら)どこにいても走った距離が分かるという時計。これのおかげで、皇居=1周5キロなどのように距離が分かる場所じゃなくても、計画的なトレーニングが可能となる。


道端に咲く花や木。知らない雑貨屋。知らないラーメン屋。

自宅沿いの道をジョギングしていると、車やバスに乗っていては分からなかった発見がある。


2次試験の問題も同じかと思う(←強引)。


2次試験(筆記)の合格発表の後のこと。口述試験の数日前、与件文の内容をもっと深く理解しようと、写経することを思いたった。ただし手書きだと疲れるので「パソコン写経」(←すごいファンキーな言葉だよねこれ)で。

そうしたところ、不思議といろいろな気づきがあったのを覚えている。試験本番の日から何十回と読んでいる問題なのだから見落としがあるわけではないのだけれど、1文字1文字ずつのスピードで歩いていくことで、普段のスピードで読んでいては考えなかったことを考えたりしたのだと思う

おかげで、口述試験では、試験問題に対してそれまで以上に深い理解と自信をもって臨むことができた。


ちなみに、2次試験まではどうだったかというと、与件文を写経するのは大変だったので、各受験校の解答例を写経しておりました。他人の文章構造や表現を追体験するというのは、それをもって自分の文章を見つめ直すことにつながる重要なトレーニングであると、個人的には思っております。
123>|next>>
pagetop